じゆうちょう。

美術展やら食べた物やら気の向くままにかいてます。

「入選」でガックリしてはいけないのかもしれないけども。

小さいサイズの絵のコンクールに応募した。

今年は「入選」だった。

 

去年は一つ上の「佳作」。

 

一昨年はもっといくつか上の「奨励賞」。

 

つまり年々落ちていっている。

 

初めて出した一昨年は、あまりエスキースを練らずに思いつきのように描いた。

今年はかなり試行錯誤した上で描きあげた。

 

あんまり考えまくらずに思いつきだけで描いた方がいいのか?

いや、そうは一概に言えまい。

 

一昨年の奨励賞の作品と、今年の入選の作品。

方向性がだいぶ真逆。

 

どっちも描きたい方向性だけど。

 

もう来月出す予定の公募展用のS100号(162x162cm)の絵は、今年の入選作風の明るい絵。

 

そうそう、この路線でいいのか、自信がちょっとなくなってきた。

 

でも、ブレて時間を無駄にするのはよくない。

 

今描いてる作風の第一弾の作品を春に展示したときに、「よい」と評価してくれた人も何人もいた。

 

いいから自信もって、精一杯描くのだー。

他に方法なんてないのだー。