読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゆうちょう。

美術展やら食べた物やら気の向くままにかいてます。

「新装版 翼ある闇」麻耶雄嵩(講談社ノベルズ)

ミステリ

かつて読んだ初版バージョンにいだいていたイメージより読みやすくてびっくり。

といっても別に改稿されているわけではない。

おそらく初版が発行されてから16年の間に、自分に「読みづらい文章への耐性」ができたものと思われる。その理由はよく分からない。

 

この話のラストへの流れを知っているからという理由だけでなく、このシリーズのレギュラーキャラクターの性格をその後の作品で認識しているせいで、無駄に気を張る必要なくリラックスして読めたので、なんだか初読のときよりも楽しめたような気がする。

 

自作解説の最後に「いずれ(中略)全面的に書き直してみたい」という作者の言葉があったので、その日がくることを未来のたのしみの一つにしようと思った。