じゆうちょう。

美術展やら食べた物やら気の向くままにかいてます。

あまりにも紅かったので

異様に興奮して、クルッタようにシャッターを押しまくってしまった。

 

牛か?ワシは?

 

いや、牛が赤さに興奮しているわけではない知識くらいはあるので、その推測は即否定。

 

重さに負けずにフイルムの一眼レフを持ち歩いていた時代以来の一眼レフのシャッター音に興奮しちゃったのかもしれない。

 

テンションが上がりすぎて、ますます「一眼レフの機能」を全く有効活用していない。

たまに露出をいじったり、ピントをマニュアルで合わせたりすると、必ず次のショットでその事実を忘れる始末のトリ頭。

 

だが、今回の京都旅行の目的、はステキな写真作品を撮ることではなく、次回の絵の参考資料にするための写真を限られた時間内にたくさん撮ることなので、もうそこは仕方がないとわりきって、本能のおもむくままにシャッターを切りまくってしまった。

 

いや、そもそも大昔より、自分が写真を撮る目的の大半は絵の資料にするためでござった。

 

もっとも興奮しちゃってる時に撮った写真がこちらです。

 

 

f:id:Strawberry-parfait:20121125085006j:plain