じゆうちょう。

美術展やら食べた物やら気の向くままにかいてます。

引き続き、いちごネタ。

TV番組「アイアンシェフ」を初めてみました。

みたというより、音だけ聞いてました。

料理の鉄人」の復活版(で、よいのかしら?)。

 

テーマは「いちご」。

 

なぬ?!

いちご、すきっす。

 

みたい!

でも、みている場合ではない事態におちいっておりました。

ので、音だけ。

 

イチカワエビゾウがフリーダムにしゃべると何だかちょっとドキドキします。

すきなわけではないです。

 

えーと、必死に敬語を使おうとか、ちゃんとした内容を話そうという意識が伝わってくるわりに、今にも破綻しそうな気配が濃厚なせいでしょうか。余計なお世話です。

 

反して「顔がみるたびに変わっちゃう芸能人はなんだか怖い」という自分のセオリーからナゼか例外的にはみだすカワシマナオミ。

案外、不安さは感じず好感をもててしまうのがナゾです。

 

意外と敬語がオカシイなんて危険さは薄くて、なんだかんだかイイ人オーラが醸し出されているから?

 

いや、お笑いマンガ道場の過去を隠す事なく、「特技=お絵かき」の人として生きているところがすきなのか??

 

TVが終わってしばらくしたら、毎週「野菜と果物の適当なセット」を宅配してもらっている業者からメールが届きました。

 

どうやら、そこから届いてるメーカーのいちごが、「アイアンシェフ」で登場していたらしい。

 

臨時に追加販売のお知らせ。

おお、商魂たくましくて立派です。

 

1パック200g、690円。

えーっ。そんな高いの?!

 

今週届いて冷蔵庫に入れておいたいちごを取り出して眺めました。

 

道理でおいしいワケでござる…。

ワタクシってば幸せものです。

小さなコトに文句言わないでがんばれよ、と思いました。