じゆうちょう。

美術展やら食べた物やら気の向くままにかいてます。

もっと寝るべし。

なんだか二転三転して、今日わずかにぽっかり時間がとれそうだと思ったので、「お気に入り整体師ねーさんに会いに行きたい」と突然思って、予約電話をしたらウマイコトいって行ってきました。

 

「全身くまなく大変なことになってますね」と整体師ねーさんは驚愕。

 

おお、来てよかったです。やはりやばかったのですか。

なぜ…?

前より体を動かして柔軟もしておるです。それ以上にデカい絵描いたり、ちょっと精神消耗するような出来事が続いたのがいかんのでしょうか?

もう腕が背後にたっぷり回らなくなっちゃったのに無謀にも白鳥になったのがいけなかったでしょうか?

 

「睡眠時間少ないんじゃないですか?」

はい。

 

「忙しいかもしれませんけど、できるだけ寝て下さい」

はい。

 

育たなくなっても寝るのは大事なんですね。

多分、早寝早起とかが体にいいんですよね。

 

耳タコなこういうフレーズはきっと大体正義なんじゃないか、と最近ちらほら思うのであります。

腹八分目とか。果報は寝て待てとか。あとイロイロ。