じゆうちょう。

美術展やら食べた物やら気の向くままにかいてます。

国芳てぬぐい

買っちゃいました。

行きつけの文房具屋さんに、ぺろん、と飾られていたのです。

 

もう、てぬぐい、いっぱいもってるじゃん!と、もちろん自分で突っ込みます。

いや、でも消耗品だしさ。

この柔らかい肌触りのは持ってないよ。

しかも国芳ファンとして、ここは買っていいんじゃないの?

 

言い訳はフンダンに出てくるのです。ほしいから。

そんな感じで一応5分くらい眺めてから購入いたしました。

 

f:id:Strawberry-parfait:20130721095148j:plain

 

やっぱり猫好き心をくすぐるということで、猫シリーズなんですかね。

猫シリーズも好きですが、一番好きなのは金魚シリーズなんですけど、ありませんでした。

いや、この「猫で当て字シリーズ」はかなり好きなので不満はございません。

 

f:id:Strawberry-parfait:20130721095323j:plain

 

 

国芳の描く猫(←おお、「描」と「猫」なんて似てるのだ!今更だけど…)って、ただただカワイイ感じではなく、ちょっとふてぶてしい感じもあるのが好きです。

共演しているタコもそうですが、ちょっとクールでお茶目な感じが勝手にしています。

 

f:id:Strawberry-parfait:20130721095256j:plain

 

こっちのフグとか目つき悪すぎですよね。

なんというふてぶてしさ。

いい…。

 

子どもの頃、こういうシリーズをみた時は「ふーん」としか思わなかったんですけど(情緒に欠けるヤツだったのか?)、大人になってみたら、こういうのをたくさん描いていた国芳がたまらなく好きなのです。

 

みて、「あはははっ」って思える絵が描きたいな~とか、思ってみたり。

と言っても、しばらくどっぷりと暗い気分の時には、描けないんですけど。

 

でも、暗い絵より明るい絵を描きたいな~と、暗くても独りよがりに暗いんじゃなくて、暗くともそれを冷静に受け止めている絵を描きたいな~と思うのであります。

自分の不幸に酔いしれているような感じのはイヤっていうか…。

 

国芳の絵って、どこか冷静な視線もあって、でも温かさも感じられて、すごく好きなのです。