じゆうちょう。

美術展やら食べた物やら気の向くままにかいてます。

顔見知りの顔が変わりました。(追記あり…って題名が変わってしまいました…)

ある日、毎週出ているバレエのオープンクラスで、いつもみる稽古着を身につけているのに私の記憶内と顔がちがっている人がいました。

稽古着がたまたま同じである別の人? いや、ここまで同じ稽古着ないよな…じゃ、つまり…これが…いわゆる…整形?

 

前からの知り合い? 初対面の人? どっち!? どっちだと思って挨拶すべき?????

視覚的記憶力のよいワタクシとしては初めての葛藤でした。

その日レッスン中、ずっとモヤモヤ。

顔の骨格は以前から知っているその顔とかなり似ている。でも、相当、顔がちがう。

目がぱっちりと丸くなっていて黒目が大きいし顔についている肉の量もちがう。

 

しばらく経って、その人は他の人との会話で「ヒアルロン酸を入れたんです。いいですよ」と言っていた。

ヒアルロン酸…それだけ? 

いや、それだけじゃないだろう。ヒアルロン酸だけで黒目が大きくなったりはしなかろう。

きっと他にもいじっているのだ。

とりあえず、やっぱり彼女は前から知ってる彼女と間違いなく同じ人だ。

 

毎週バレエで会う別のコが、まつげエクステってヤツをして、まぶたにテープを張って二重にしていた。

まつげエクステは安くないらしい。

テープはしょっちゅう、はがれかけていて頻繁に直している。

そのコ、目は平安美人っぽいけれど、全体としてとても整っていて美人だと思う。

目の形も美しい。わざわざ二重にしなくても…と、ものすごく思う。

「面倒くさくない?」ってきいてみた。

 

「いや、くみちょうちゃんは目が大きいからいいけれど、私、小さいから」

って、言われました。

(え? 他、全体が整っているのに…目の大きさ、重要?)

そのコは、まあまあ新婚のダンナさんとらぶらぶで幸せそうな人だ。

でも目が大きい感じの方が多分、彼女は幸せなのだ。

 

そうそう、「今」って目が大きい方が「いい」って思われてるもんね。

そうなんだよね。少しでもビジュアルがよい方が相手から敬意を払われる感じがある。

相手は同性でも異性でも。

ちょっと気合をいれたメイクをしていると(めったにしないが)、そうでない時よりも人からの扱いが違う。ロコツに違う人間もいる。

(ん? ものすごいメイク上手?)

 

で、月~金曜までみてるMXテレビの「5時に夢中!」のレギュラーの中村うさぎさん。

原因不明(?)の病気で入院中。

「あれ、整形の副作用のせいじゃない?」って話をきいた。ウソかホントかしらないけれど。

万が一ホントに整形のせいで死にかけたんならエライこっちゃから、きっとそこんとこは曖昧なままであろう。しかし、恐ろしい。

 

テレビのバラエティの中の再現ドラマ、たまにものすごい「失敗整形顔」の女優さんがいて、ぎょっとする。顔が不自然で、一部崩れかけている。フォービズムの絵じゃないんだから…。

 

詳しくないが、整形には永遠のメンテナンスが必要とかきく。

そうそう、ヒアルロン酸を入れたというバレエで会う方も、「だんだん抜けちゃうから、また入れないと」とか言っていた。

単にまた注射うつくらいなら大変じゃないのかな? 痛みは大したことないんでしょうか。

でも、ちゃんとした整形をして顔が崩れてくるのとか恐ろしいような気がしてしまう。

ベーコンの絵じゃないんだから…。

 

でも、そんなふうに思うのは「自分の目が大きい」からか?

特に自分の顔に不満がないからか? 

いや、別にないことはないけど。

自分は見られたり描かれるモデル側ではなく、みて描く側の人間になりたいと子どものときから思っていたので、そんなに優秀なビジュアルではなくてもまあいいのかな、と思っていたのです。

 

でもな~。

きっと女性の方が、本人の外見で「いい扱い」を受けたり「不愉快な扱い」をされたりすごくしているような気がする。

ちょっといじって、ちょっとだけ痛い思いや面倒な思いをして、それで「ちょっといい扱いをされる」んだったら、ガマンを受け入れてるのかなーとか思う。

黒目が大きくなるコンタクトとか、すごく目に悪いってウワサもきくけれど、やっぱり黒目が大きい方が周りからよく扱われるから、面倒でもリスクを負ってでも金出してコンタクトを入れるのかも。

 

しかし、そんなコンタクトをしてる人々、みんなそれにどれほどのリスクがあるって正確に認識しているのだろうか。

整形する人、その後に続くメンテナンスの苦労や総費用を正しく分かっているのだろうか。

余計なお世話か。

 

そもそも、ちょっと美人だからって、みんなチヤホヤしなきゃいいんじゃないの?

多分チヤホヤされてる側もほとんどは「バカだなー」とか「気持ち悪っ」とか思ってる程度なんじゃないの?

でも、きっとプチ整形なんて今後もっともっといろんなワザやグッズが誕生して、整形する人も増えるのかな~。

 

大学時代、美術科の同級生が「テレビに出ている人って結構整形してるよね。不自然すぎてすぐわかって気持ち悪いのになんでするんだろう」って言ってたのを思い出しました。

「そりゃ、あんた、周りからの扱いがよくなるからだよ」って今ならとりあえず答えるような気がする。

 

テレビに出て整形してる人は、メンテナンスが追いつかなくて崩れてくると笑いものにされるみたいだけど。

でも、なんか笑えないな~。

再現ドラマの整形が崩れてきていた女優さんは、笑えなくて恐ろしくて気の毒な感じだった。

気の毒とか思うのもおこがましいのか?

 

顔見知りの顔が変わった日以来…ってなことをたまに考えます。