じゆうちょう。

美術展やら食べた物やら気の向くままにかいてます。

ももがなければむねだ。(追記しました)

こみち(id:kazenokomichi)さんが、コメント欄で教えて下さった、柚子胡椒入り鶏肉の照り焼きをつくりたい!つくりたい!確か冷凍庫に鶏もも肉もあったはず~♪と浮かれていたら、むね肉だったでござるの巻です。

 

そうだ…むね肉でチーズチキンカツつくろうと思ってたんだった…って卵買ってないじゃん!

んもー、ホント適当なんだから…ワシ…。

大体平日週に一度くる、野菜と果物セットのダンボール箱、「来週のメニューの予定」ちゃんとみないで週末適当に一週間分の食材買出ししてるんですもの…。

本当に適当…。食いしん坊のわりに料理に熱意がなさすぎです。

 

で、他にもイロイロ事情があったので…、とりあえず今回はむね肉で柚子胡椒入り照り焼きつくっちゃうもんね!と思ってつくってしまいました。↓

f:id:Strawberry-parfait:20131106221805j:plain

急いでつくりたかったので、小さめに切っちゃいました。

予想外にやわらかくできました! なんでだ? 酒多めで長めに漬け込んだからかしら??

 

なにはともあれ、非常においしかったです。

ありがとうございます! こみちさん!!(深くおじぎ)

 

料理は親から一切ならっていないのです。かーちゃん、お店が忙しかったから。

小学校時代から、週に3日くらい、向かいの叔父がやってる喫茶店(カフェ&レストランという感じで食べ物メニューが充実)でワシは一人で夕食をとるくらい、うちは忙しかったのです。(でも、週間少年ジャンプとマガジンとサンデーとチャンピオンとキングを読み放題で相当シアワセな世界です。ちなみに自分ではジャンプと少年ビックコミック(「エリア88」のために…)を購読しておりました。)

「中学の弁当だけは何とかつくってやるけど、毎日のり弁と晩御飯の残りだから」と言われ、たまにおかずが枝豆だったりしました。あ、でも同級生のお嬢様たちが豪華なお弁当のおいしいおかずをみんなくれるので、それだけでもう1個お弁当が誕生…とてもシアワセな弁当生活でした。(おお…杓子果報的才能がココでも…!)

高校から自分で適当に弁当をつくり始め、結婚が決まったら「基礎を学ぶため、自分の貯金で料理教室へ3ヶ月通いなさい」とかーちゃんに命令されて通いました。

ココでもらったテキスト4冊(料理の基本、日本料理、西洋料理、中華料理、各1冊)が非常に役に立ちまして…まあ、ありきたりなものは何でもつくれるようにはなったのですが、なにせつくる係より食べる係希望なので、今も晩御飯はわりと適当に行き当たりばったりなのであります。

 

そんな料理にタンパクなワタクシですが、たまにはありきたりなメニュー以外にチャレンジするのもたのしいものじゃのう!と思いました。(いや、柚子胡椒が加わっただけなのに…なんて…大げさなんだ…)

いつもと違うことをするのは脳にもよいそうですしね。(なんて大…)

 

次はまめ(id:mame90)さんが言っていた、大根の天ぷらをつくりたいです。

ああ、でも、おでんカレーも気になるのです…。

 

《追記》

こみちさんにおそわったレシピ↓

鶏肉をしょうゆ+みりん+酒+柚子胡椒にあらかじめつけて照り焼き。

ちょー簡単です。

 

私は鶏の照り焼きは基本はもってるテキストに従って、しょうゆ、みりん、酒を各大さじ1にしてます。

が、今回は「むね肉かたそう…」と思い、少し多めの酒にまずつけてみて(←意味があったのかは謎です)それからしょうゆとみりんを適当に足して柚子胡椒をのせてよくまぜて放置しました。

フライパンで片面焼いて、裏にひっくり返して、いい感じ?と思ったら漬けていた汁を足してフタしてしばらく待って、フタを外して水分が大体なくなったくらいで完成、って感じで。