じゆうちょう。

美術展やら食べた物やら気の向くままにかいてます。

木島桜谷ー京都日本画の俊英ー展(泉屋博古分館)

このしまおうこく、と読みます。昨年まで名前を把握していませんでした。

自分の無知が悲しいような、新たに好きな絵描きさんをみつけたようでうれしいような…という感じで、去年「夏目漱石の美術世界展」で初めて、この人の「寒月」という作品をみて名前を記憶し、機会があれば他の作品もみたいと思っておりました。

 

そしたら、機会がきましたよ。新聞に載ってました。

1月11日~19日と2月11日~16日に「寒月」が展示。でも、もう前半の展示期間は過ぎている。こりゃ都内に用事があるついでに行くしかないな、とか予定を立てていたところ…

 

東京付近、またも大雪が降りました。

電車は大体大丈夫だったようだったので向かいました。

2回目の大雪、都内はy-hamaよりも積雪が少ないように見えました。↓

f:id:Strawberry-parfait:20140215114946j:plain

 

雪かきされていたことに感動です。どなたか存じませんがありがとうございます。

地下鉄六本木一丁目から徒歩1分なので、雪がこんもりしてても歩くぜ、と思って行きましたがやはり歩きやすい方がうれしいです。

f:id:Strawberry-parfait:20140215115144j:plain

お客様、他にいるのかしら?と思いつつ入ってみたら、意外といました。

ま、最終日直前だし、駅徒歩1分だから?

中はこじんまりとしていましたが、桜谷の作品が結構みれて本当にうれしかったです。

 

ただ…図録、売り切れていました。

う、うえーん。(泣)

ばかばかばか。新聞読んでまず、行っとけばよかったんじゃ。図録買いに。

だってこんなに素敵だと思わなかったんだもの。いや、去年みた「寒月」ステキだったじゃん。そら売り切れるよ。それくらい読め!何年都内の美術館を徘徊しておるのだ。どアホうめ。

 

ちなみにチラシから…

「寒月」の部分です。↓

f:id:Strawberry-parfait:20140218213810j:plain

キツネ怖い。でも以前、北海道の駐車場でみかけたキツネもものすごく怖かった。

これがペットでも動物園で飼われているわけでもない、自由に生きてる動物なんだな、って感じで。

キツネの横に何か書いてありますけど…。ちょっとカッコ悪い??? どうなんでしょ? 今更パフィかよ、ってツッコむ人もいないからいいの? 

 

「寒月」の全体はこちらの一番下です。↓

f:id:Strawberry-parfait:20140218213703j:plain

動物をたくさん描いているんですが、動物園に写生に出かけることが多かったらしく、しかもさすがの明治の人、ライオンをがっつりと描いているものもありました。江戸時代の人のライオンは…みたことないから大体ヘンですものね…。

かと思うと小動物もたくさん。こういうかわいらしいのとか。↓

f:id:Strawberry-parfait:20140218213723j:plain

あー、ホントはものすごいかわいいひよこもいたんです…。でもチラシに載ってなかったんです…。図録…図録がほしかった…。

 

木島桜谷展、もっと大々的なのを大きな美術館でやったらいいのに。

もう、めちゃめちゃお客が入る気がしますよ。大ブームが起きるんじゃないの?どっかが大儲けですよ。(どこ?)

 

あ、ちなみに、「寒月」、夏目漱石はボロクソに言っていたようです。

ふんっ。

いや、人間、意見が全部合う相手なんていませんからね。

きっと「古臭い作品」とか思われたのかなー、とか思ってみたり。

古くても新しくても「いい」のは「いい」と思うんだけどなー。

ま、「いい」じゃなくても「すき」だからいいんですけど…。

 

どっかで…大規模な木島桜谷展を…誰か…やってほしいです…。