じゆうちょう。

美術展やら食べた物やら気の向くままにかいてます。

一周年。

え? はてなブログを始めて一周年かって? すいません。違います。

ブログ始めて1年たったとか500回だったとか、全然気づかないタイプなのです。

そう…アクセス数ってナニ? どうやってみるんだっけ…という自分本位な人間で恐縮でございます。

 

人生初の“ふくらはぎの肉離れ”から無事(?)一周年を迎えました。

 

思えばやっちまってから2週間は歩けなかったんだよなー。とか、意外と3週間後にはバレエに行ってるよ!コイツ!とか、ちょっとだけ己のブログをチラ見して楽しんでみたりしました。

 

再発が怖くてジャンプは大きいのも小さいのも、全力でやらずにずっと力をセーブしてたんですが…気が付けば最近フツーに全力で飛んでました。(なんだそりゃ)

なんとなく本能的に「キケンを感じなくなった」ので飛んでしまっていたのです。

 

少し前、深夜のテレビで「すんごい健康な御老人」がなんでこんな元気かってヤツをやっていたんですが、要するに「運動してて骨とか丈夫だから」って話になってました。

そーか。老化していっても運動してるのはいいことなのかな、と思ってみたり。

 

そーいや、うちのかーちゃん、病気になる前ハデに階段から落ちて酷い捻挫をして「もうアラセブン(って言うのだろうか)だし…このまま歩けなくなって弱っていったらどうしよう…」って心配したのに、一週間後にけろっとスタスタ階段を下りていたんだった。驚異の回復力。

そう、かーちゃんは長年のお仕事で重い物持っての階段の上り下りが得意…肉体労働ばっちこいの人…基本、とても丈夫。『運動してる人は丈夫』の例が身近にいたのでした。

 

時が流れることがうれしくないようなトシになってきたような気がして、誕生日がやってくる4月も「だからなんだよ」って感じでしたが、ケガは時間が経つとよくなるんですね。時間経過がうれしいってコトもあるのね、トシとっても…と思った次第です。

 

しかし、肉離れごときで大騒ぎだった一般人のワタクシ…椎間板ヘルニアになった入江くん、克服して勝ててよかった…(泣)

やっぱり時代は体幹を鍛えること? なんか長友も本を出していたような…。

 

よし。ふくらはぎも元気になったことだしガンガン動きます。

 

あ、あともう少しして完全にスギ花粉が収まったら…。

いや、まずは家ん中で体幹トレーニングからか?

 

そして無関係に「いちごミルク」。↓

f:id:Strawberry-parfait:20140408161457j:plain

牛乳の中にもいちごがどっさりですよ!

銀座ウエスト、神かっ!?