じゆうちょう。

美術展やら食べた物やら気の向くままにかいてます。

花をみてボクタマを思い出しました。(こそっとちょっぴり訂正しました)

GW中行った金沢自然公園で目撃した花の一部をのっけます。

 

ハルジオン?↓(いつも以上に自信がありません! でも花びらが細いから…そうかな~っと…)

f:id:Strawberry-parfait:20140504101148j:plain

実はこの花の名前と画像が自分の中で一致したのはここ1年以内くらい…。

ぎゃー、世間知らず(?)。

 

なんかもう…ハルジオンとかヒメジョオンとか、名前の響きがオトメな世界すぎて、少年ジャンプの魂を持つ自分には非常に縁遠い気がして興味がわきませんでした。

 

でも「僕の地球を守って」(←「花とゆめ」連載の少女マンガ)は読んでいたの。

(なぜ唐突に…。えーと、人生で花の名前に縁があった瞬間はこのマンガを読んでいた時くらい…。このマンガはメインキャラクターに前世がある設定で前世では各人、花(や植物)の名前がついとるのであります。)

 

でも「自分の前世は月の仲間!」(←マンガ連載時、そう言い張って出版社に手紙を送ってくる等した少女が日本中でたくさんいたそうです。すげー、オトメすげー…。)なんて思いませんでしたよ、もちろん。

 

「私の前世は木蓮(←主人公の前世の名)よ」なんて思えちゃう女子の心が当時女子だった私には理解不能でしたが、木蓮というのは前世の世界でも非常に特別な(一般人とは異なる)存在という設定、つまり“前世がある”だけじゃなくて、“フツウの人とは違う特別な私”に多くのオトメは憧れるっちゅーことなのかしら、と思ってみたり。

 

「フツウじゃない」って大変だと思うんだけどな~。マンガ内でも「特別な存在ならではの苦労」はたっぷり描かれていた記憶。それでも「特別」になりたいのか。

「他と違う」ってことは「孤独」なものだと思うけれど。

 

あ、「特別」に憧れる「フツウのオトメ」は「他と違う人の孤独」の苦さを実際には味わったことがないから気軽に特別に憧れる、という仕組みなのかしら?

などと、花を眺めながら妄想しました。

 

さて「わ、また人生初めてみるような花だよう…」と思って撮った花。↓

f:id:Strawberry-parfait:20140504130934j:plain

なんと木に名前の表示が! ありがとう、金沢自然公園!

ハクウンボク」だそうです。

高いところに花があって望遠レンズを持たない私は手を精一杯伸ばして、もちろん足はルルベ(←背伸び状態。甲は出てます)で撮りました。

 

が…表示もなく謎の花もありました。↓ 足元に小さく咲いている花で、結構撮りにくかったです。

f:id:Strawberry-parfait:20140504131948j:plain

この花の名前、ご存じの方がいらっしゃいましたら、お教え下さいませ(おじぎ)

有名な花ですかね…(恥)

 

そして美しい自然の花々に似つかわしくないお昼ご飯です。↓

f:id:Strawberry-parfait:20140504121135j:plain

ジャンキー!

ついこの間、アメリカンドッグ、上野で食べたのに、また!

じゃがいも食べ過ぎ!

焼きそばには幻のような肉しかない! キャベツがない! 「せめて、もやしを!」と叫ぶオット。

ま、夕食とか翌日とかにたくさん野菜食べたらいいんじゃないかしら?と前向き(?)な私。

 


(訂正箇所はヒメジョオンです。ヒメジオンじゃなかった!! 

こみちさん(id:kazenokomichi)、いつもありがとうございます〜(おじぎ)) 

 


 

今週のお題ゴールデンウィーク2014」