じゆうちょう。

美術展やら食べた物やら気の向くままにかいてます。

その1の解決方法について。【文中の不具合、修正できたもようです。たぶん…】

一つ前の記事の「その1」問題(←ずっと出ていたバレエのクラスに行きにくくなって休んでるけど復帰するかどうか決断がつかない)について、ちょっと結論がみえてきました。

 

この件についてコメントを下さった薫さん(id:hana-kaoru)や okkoさん(id:okko326)さんからの大きなヒントのおかげです。

誠にありがとうございます。(深々とおじぎ)

 

問題点を整理しました。

 

【そのクラスに出たい理由】

トウシューズのレッスンに出たい。どのクラスでも履くわけでないんです。このクラスは通常のバレエシューズのレッスンの後にトウシューズのレッスンがついているので出ていました。

 

【そのクラスに出たくない理由】

クラスでほぼ毎週顔を合わせる人々との接触が何だか負担。

何人かから様々な「自分には興味がない」お誘い(舞台鑑賞等)をすごく頻繁に受けて、何だか断りづらい空気になってしまう、とか。

ある一人(←実は昔同じバレエ教室で約10年一緒だった)から異様に嫌われていて、偶然一緒の4人ずつのグループになってしまったりすると、隣で怖い顔で小声でずっとブツブツ言われたりする、とか。

 

上の問題には薫さんが下さったキーワード「トウシューズ」が、下の問題にはokkoさんが下さった「レッスンは人づきあいの場所ではない、とわりきってみたらば?」というお言葉がどんぴしゃ(どんぴしゃって初めて打った…)でございました。

ありがとうございますっ。

 

【そのクラスに出たい理由】についての解決。

要するにトウシューズで動けるクラスに出たいわけです。同じ曜日か一日ずれくらいの曜日で同じスタジオ内でそういうクラスを探しました。(←ほどよく離れた曜日で別のトウシューズのクラスには1つ出ているので。)

あった!ありました。

しかも今までのクラスは普通のレッスン代にプラスしてトウシューズクラスのレッスン代が追加される形式だったのが、発見したクラスでは一つのレッスン時間の後半からトウシューズなので、レッスン代が節約できます。やったーっ。

 

【そのクラスに出たくない理由】についての解決。

要するに「人づきあい」をしちゃってるのが問題だったと思います。

レッスンが始まる前にできるだけストレッチをたくさんしたいタイプなので極力早めに行ってるんですが、その待ち時間に他の方に話しかけられるとついついすごく愛想よくしちゃうんですよね(いやそれ自体別にいいと思うんですが)。

 

で、気が付くとなんかイロイロ誘われる。興味のないことやすごく高くてお金出せないよ!って舞台とかに。愛想よく会話してたもんだから何だか流れ的に断りづらいことも多い。で何だか困る。

 

つまり、『愛想よくしつつも、あまり話し込まないように気をつけたらいい』んじゃないかしら?

 

いや、元々他のオープンクラスではそういうスタンスだったのだけれど、何故かこのクラスだけやたら話しかけられてイロイロお誘いしてくれる人が多いというか…うーん。ま、担当の先生の影響か各クラスそれぞれカラーがあるので、このクラスはそういう傾向のあるクラスなのかな、ということで。

 

でまぁ、ちょっと親し気になってしまった人と距離をおいて「人づきあい」しなくて済むために、しばらくこのクラスはお休みしよう、と思いました。

ほとぼりがさめた頃、新しく発見したトウシューズ付クラスの日に都合が悪くで出れない週等には、そのうちちょろっと出てみたりしようと思います。

 

そして、特定の人から隣でブツブツ言われるほど嫌われないようにしたい。

多分、それも今後接触する人々と「挨拶と天気の話」に専念していけば避けていけるような気がするのですが、どうですかねぇ…。

 

【結論】

とりあえず基本に返って「トウシューズでバレエを楽しむ」事に専念し、クラスの人とは「人づきあい」が始まらないように気を付ける。

という方針でいこうかな、と思いました。

 

重要な指針を下さった薫さん、okkoさん、本当にありがとうございました。(深々とおじぎ)

 

 

おまけです。

私の超基本。その3倍バージョンを発見してしまいました。↓

f:id:Strawberry-parfait:20140517201137j:plain

要するにのりが多いだけなんですが、なんだか景気がいい感じでゴキゲンになって食べました。(のせられてる。単純!!)

 

もう一つ。近所のなじみの焼き鳥屋で一杯目に必ず頼むもの。↓

f:id:Strawberry-parfait:20140525183428j:plain

↑ バスペールエールの生です。

なんだか飲みやすいので好きです。

そんなん真のビール好きとは言えないのかもしれないけれど、真のビール好きではないと思うのでいいんです。

 

正しくなくても、自分にとって「いい感じ」「ラクな感じ」で趣味嗜好は楽しんでいきたいと思いました。