じゆうちょう。

美術展やら食べた物やら気の向くままにかいてます。

今期のテレビドラマ。【解説追記しました】(ちょびっと訂正もしました)

【独断と偏見にみちた解説を(おまけ)に追記しました。】

 

もうどれだけ差がついちゃうのかな、視聴率…と今日はちょっと思っています。

えーと、「花咲舞~」(注1)と香取くん(注2)のドラマ。

ちなみに私が1話からみているのは後者。

 

ちなみに木曜日みていたのは、小栗くん主演のヤツ(注3)じゃなくて西島さんの方。(注4)

気が付くと私がみてるドラマは視聴率負けしている。

こんな時も少数派かよ!と自分にツッコむ今期でした。

 

小栗くんのは友人が「おもしろいよ~」というからちょっとみました。クドカン回とか最終回直前回とか。でも、基本的にオカルト設定モノがどうにも好きではない…。

「死者が見える設定」とか一気に興味を失ってしまう。昔から一応本格物系ミステリが好きなことと関係があるのやもしれませぬ。でも両方いける口の人もいるしねぇ…。

 

最終回もながら見しました。ラストシーンにも「うーん」。やっぱりシュミじゃないんだなぁ…と納得した次第で。

 

明日の西島さんの最終回が今から心配で楽しみです。

きっとwowowへ続く!って謎がたくさんあって、wowowみれない私はがっくりすることでしょう。でも、いいの。

きっと更にツッコミどころ満載なマヌケっぷりを披露する主人公陣に「アホか~」とか「気づいて気づいて!きっとこういうコトだよ~」とか「ヒロミちゃんがんばれ~」とか言いながら楽しくみるのです。

 

今日の香取くんドラマは期待していません。惰性でみておるのです。

だってメインの謎を追うようになってからのここ最近、メキメキとつまらなくなっておる。「そんなこともまだ調べてなかったのかよ!警察!」という無茶が多すぎ。

 

でも、いいの。オットは「見始めたらキホン最後まで見る派」。私は「たまに放置する派」ですが、なんだか今回は鈴木保奈美とかちょっと好きだから最後までみます。

 

そして「花咲舞~」は途中を二回くらいながら見したけれど、きっと見ない。

ナゼでしょう。現実的なドラマはあまり興味がないからかしら…。私ってば夢見る夢子ちゃんなのかしら…などと思う。(いや、違うかも…。)

 

銀行とか、少しだけアレルギーなのかも。実家が商売をしていて、二代目のチチは商才がなくてイロイロえらい目にあったりしたので、なんだか大変だった日々を思い出してしまって楽しくみれないのかもしれませぬ。いや、半沢直樹みてたけど。あれ?

 

そうそう、上川さんには「花咲~」の2番手ではなく、この時期もできれば「遺留捜査」(←去年まで毎年この時期にやってた連ドラです)の主人公をしていてほしかった。たとえ「なんでみんなそこまで脈絡なく主人公を嫌ってるんだよ!」「そんな偶然あるもんか!」とかツッコミいれながらでも見たかった。もう、このシリーズはないんだろうな…。

 

でも、いいの。もう一つのツッコミまくりながら楽しくみるテレ朝の刑事ドラマ「9係」は今期も無事帰ってくるようだから。

時おり2時間ドラマでみかける渡瀬さんの滑舌の衰えを目撃するごとに継続を心配していました。

今期、さとう(けん、じゃなかった…たけるくんでした!)のドラマでやや無駄遣いされている吹越さんの全力空回りが無事みられるかと思うとうれしいです。

 

しかも、連ドラスタートする前に今月末になぜか吹越さんと田口さんがメインのスピンオフSPドラマがあるとか。

誰得? 私得!! ぎゃ~っ。ううううううゔれじい~っっ。

 

残る問題は1話から録画だけして全く見ていない唐沢さんのドラマをどうすべきかです。

 

とりあえず脈絡もなく先日食べた、たまに行く近所の居酒屋の豚バラ串とぼんじりをのせます。↓

f:id:Strawberry-parfait:20140608190954j:plain

しかし、私ってば焼き鳥ばかり食べ過ぎではなかろうか。

まあ毎年「9係」みてても「相棒」みてても飽きないんだから、基本飽きないタイプなのかもしれませぬが。

 

そういえばミステリもシリーズ物がすき…。お約束展開が大好きなのかな。年寄と時代劇みて育ったせいかな…。

この時も「やっぱ豚には玉ネギだよね」とか言って食べていたし…。

 

(おまけ)

【独断と偏見にみちた解説】

(怒らないで下さい。怒った時は、すぐにこのページを閉じて下さい。)

 

(注1)

「花咲舞~」は、去年の大ヒットドラマ「半沢直樹」と同じ原作者・同じ銀行を舞台にした完全に二匹目のドジョウを狙ったドラマ。しかも主演は直前まで朝ドラ主演で高視聴率をたたき出していた杏ちゃんをもってきた。こういう狙いまくったのって意外と外しちゃうこともあるけれど、これは勧善懲悪モノな所と「半沢」よりも更に簡単な所が受けたのか、今期の中では民放イチのよい視聴率。でも半沢に遠く及んでませんけれども。

書いてみて気づいたけど…いかにも狙ったドラマってところがケッって思ってみなかったのかも…。

 

(注2)

香取くん主演ドラマは、「花咲~」と同時間帯ドラマ。「花咲」の高視聴率のあおりを受けて視聴率がふるわない、って雰囲気で始まったけれど、回を重ねるごとに「裏が何でも視聴率悪かったかも…」という勢いのドラマになってきた。

民間科捜研が舞台ということだが、この舞台設定なんと今期他の連ドラでもある。どうしてこうもかぶっちゃうの?たまたま? いかにもマンガ原作くさい、細々としたツッコミどころが満載。

 

一応、最初に昔、主人公の恋人が謎の死を遂げていて、一緒に発見された主人公が犯人だと疑われているが直前の12時間分の記憶を失っているので真相がわからない、という所から始まってるんだけど、「いや、そんなに犯人だと思われるほどの状況証拠出てないよ?」とか「記憶ないって単にその時間分気絶して寝てたから記憶ないだけじゃない?」とか何かとムチャを感じる。

 

ヒロインの西山さんは優香の若い頃に似てるね、とか言われてたけど、1話以降ガンガン存在意義をなくし出番も減りまくり。更に唯一「気になる謎めいた空気を出してた」民間科捜研の所長役・鈴木保奈美が途中で意味不明に撃たれて入院、数回分は意識も戻らず寝たままでドラマ自体がガンガンつまらなくなってきた。が、最終回を前に全然大したことなかったように意識を取り戻してすぐに退院、何かと描写にリアリティがない。いや、最初からないけど。

 

こうまでけなして見てるって、ワシはMなんでしょうか。

鈴木保奈美ファン? いや、「東京ラブストーリー」は見ていません。

 

(注3)

刑事の小栗くんは誰かに撃たれた弾丸が頭に残って以来、死者が見えるようになっちゃった、という設定。もちろん弾丸はビミョーな所にあるから簡単に取りだせないよという設定。脚本は「SP」(←映画にもなったヒットドラマ)も書いた作家の人で、小栗くんへの宛書き。

ドラマとしてはちゃんとしてて、1話ごとにテイストも変え、最終回もラストらしいラスト。視聴率がよいとすぐに続編か?とかなって突然最終回がうやむやになりがちな最近の連ドラと最後まで一線を画すように、「続きなさそう」って終わり方をしてた点はちょっと好感持ちましたが、でもラストシーン自体が「世にも奇妙な物語かよ!」というオチで個人的にはガックリ。

ドラマとして出来がよいものに心ひかれるわけではないのね、ワシ、とこれを書いていたら理解しました。

 

(注4)

西島さん他みんなやたらとタバコ吸ってる近年まれにみる連ドラ。(30年前の原作のノリを出したかったらしい。でも西島さんも香川さんも「タバコ吸わないんですよね~」って番宣で言ってただけあり、苦労して無理矢理ふかしていて涙ぐましい努力が垣間見える。)

初回から都心の街中で大爆発。記憶喪失の殺人鬼。やたらと一本調子で怒鳴り続けたり無駄な肉体美披露シーンがある主人公。芝居に興がのりすぎて楽しすぎる演技の悪役たち。この間なんて、悪役が「チャオ!」って言って車で走り去った。「チャオ!」だって!!!

「SP」で鍛えた真木さんが、肉体美自慢の西島さん以上の見事なアクションシーンを一度だけたっぷりみせてくれたけれど、何かとマヌケでこの間は肝心なところで撃たれちゃって大量出血。でもすぐに意識を取り戻してた。さすが公安…民間科捜研所長の鈴木保奈美とはちがうのね、いやいやそれは別のドラマ。

 

原作になかった謎や登場人物をガンガン投入、wowowでやる第2シーズンに続くよ!みんな、wowowに加入してね!っていう目的のドラマです。

加入しないけど! こんなに好きなのに~。でもしません。

 

一番の見どころはやっぱりヒロミちゃん…人を殺さずにはいられない衝動の持ち主・女装の殺人鬼でしょうか。

え?女装好き? いや、そういうことじゃないと思うんだけどなぁ。

多分、ツッコミどころはあっても、内容も役者も気合入ってるのが楽しいのかなぁ…気合入り過ぎて空回りしても「いいぞ!いいぞ!もっとやっちゃえ!」とか思うタイプなのかもしれません。

 

わー、偏見にみちた解説が長すぎました。しかも解説になっていないような…。

読んで下さった方、すみませんでした。