読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゆうちょう。

美術展やら食べた物やら気の向くままにかいてます。

高野山金剛峰寺とか。

先月、高野山和歌山県)金剛峰寺にオットとちらっと行きました。

そうそう、あの夢のような京都の旅は、この「和歌山へ行くついでに寄り道」として突如思いついて実行したことでございました。

 

(くり返しになってしまいますが、こみちさん(id:kazenokomichi)、その節は誠にありがとうございました(おじぎ))

 

で、実は和歌山県も次の目的地のおまけだったのですが(私って一体…。寄り道が大きすぎでは…?)、まあ折角和歌山来たんだし…と高野山に行ってみました。

 

天気があまりよくなくて大した写真がありません…。すみません…。私の天気運は気合を入れた京都で使い果たしてしまったのでございます。

でもちょこっと…。

f:id:Strawberry-parfait:20140621103420j:plain

どどーん。なんだか思わず撮っちゃいました。

迫力でちょっと地面が斜めっていますが御容赦下さい。

 

あ、でも大雨って噂もあったのに、ほとんど雨らしき雨ではなかったので…やっぱり恵まれていたと思うべきでしたかも…。

 

曇りの「蟠龍庭(ばんりゅうてい)」です。↓

f:id:Strawberry-parfait:20140621111506j:plain

我が国最大の石庭だとか。

おお、思わぬところで石庭好きの私が興奮するポイントに出会ってしまいました。

使われている白川砂は京のモノだと解説が。

あら、私も京都からきたんですよ、昨日…なんて思ってみたり。

 

一応、奥の院にも行きました。でも、奥の方は撮影禁止でした。聖地ですからね。

で、途中、つい撮ってしまったもの。↓

f:id:Strawberry-parfait:20140621131735j:plain

こうして改めてみるとヤクルトのシルエットって、なかなか美しいような。機能美?

 

途中、このような企業の慰霊碑が結構ありました。

普通のお墓ももちろんたくさん。すんごくたくさん並んでいました。

あー、昔からたくさんの人が生きて、たくさんの人が亡くなったんだな~と当たり前のことを思いながら行って戻ってきました。

 

で、山菜うどんを食べ、

f:id:Strawberry-parfait:20140621114227j:plain

おおおーさすが関西のうどんは旨いのう…とか思いつつ、またも柿の葉寿司も。↓

f:id:Strawberry-parfait:20140621114525j:plain

前日にも京都から和歌山行の特急内で食べたばっかりなのに!

だって、大好きなんだもの!!

美味しかったです。

 

あ、梅干しも買いました。↓

f:id:Strawberry-parfait:20140625114540j:plain

蔵出しとか書いてありましたが、ちょっと高いよな~と思いつつ、最近めっきり梅干し好きなので(疲れているのでしょうか?)、ちょっとだけ贅沢をしてみました。

大変おいしゅうございます!!!

 

あ、あと高野山では、時代の流れにのっかっているのかキャラクターの「こうやくん」のグッズをがんがんに押していまして、あまりの押しっぷりに逆にちょっと躊躇しつつ…結局買いました。↓

f:id:Strawberry-parfait:20140706130005j:plain

こうやくん、結構洗練されたデザインでありつつ、かわええです。

これはバレエで汗ふくのによさげなのでよし。

 

いよいよ、この後、真の目的地への移動をオットと車にて開始しました。

走り出したらオットが口を開きました。

「さっきね、うどん食べた後、くみちょうさん(いや、さん付けじゃないけど…)、トイレ行ってたでしょ。その時ね、お店のおばあさんにね…親子と間違えられちゃったんだよ…」

 

あわわわわわわわわわわ。

わ…我々、元は一学年違いだけど年齢半年違いの同期なのに…なっ…なんということを!!!

 

どっちが親かって? 

えーと、オットは母上より強烈な「若白髪」遺伝子を受け継いでおるのです。

 

「お…おばあさん、目が悪かったんだよ」

「いや…、くみちょうさん、そんなTシャツ着てるからだよ。そんな若々しいカッコしてるからいけないんだよ。くみちょうさんがいけないんだよ…」

 

え…???

これ? これのせい???

f:id:Strawberry-parfait:20140708170232j:plain

長年大事に着ているこのアトムTシャツの何がいけないというのだーーーーっ。

 

あ、別に二人ともケンカ腰ではありません。

でもちょっとだけ「が~ん」という気持ちを味わったらしきオット。

元気だしておくれ…と私は思いながら、真の目的地へ向かう我らのちっこい車に揺られておりました。