じゆうちょう。

美術展やら食べた物やら気の向くままにかいてます。

谷川岳の後で、

「山登り気分」を谷川岳でちょびっと味わった後、温泉旅館へ向かいました。

群馬県水上温泉です。

毎度の如く、2日前の出発直前深夜、安くなっているところをオットがネットで予約しました。

 

ちなみに、なぜか旅館にはやたらと日本画の版画が。

エレベーターホールには上村松園の。

小さな旅館なのでそれほど長いわけではないのですが、廊下にも日本画、洋画がみっしりと。三岸節子の作品もありました。

そういえばいつか北海道の三岸好太郎美術館に行きたいんだった…。

泊まった部屋には伊東深水の版画も。

 

そういやなんであんなに絵があったのでしょうか。

旅館の人に聞けばよかった…。

ついつい食べる事と温泉に入ることに夢中になってしまって…。

うーむ。

ま、いいか。気に入ったのでいつかまた行こう。その時に聞いてみます。

 

で、晩御飯です。↓

f:id:Strawberry-parfait:20140818181039j:plain

↑ こういう時に出てくる枝豆が美味しいかどうか、私には重要なんだな、ということに気づきました。ここのは美味しかったです。

f:id:Strawberry-parfait:20140818181058j:plain

↑ 海老、ぷりぷりのぷりぷり。

f:id:Strawberry-parfait:20140818181523j:plain

↑ たいそう、うんまかったです。

f:id:Strawberry-parfait:20140818182435j:plain

↑ ぐふふふ。大好き。ここに合わせて、ビールから日本酒に移行です。

f:id:Strawberry-parfait:20140818183848j:plain

↑ 肉もさることながら玉ネギも大変おいしゅうございました。

つーか、タレが美味しいのか…。いや、本体も美味しかったんだと思います。

 

そろそろお腹が満足してきました。

なんて思っていたら…

 

f:id:Strawberry-parfait:20140818183855j:plain

↑ さらに意外と迫力あるものが出てきました。カレイのあんかけ。

これがまた美味しすぎて箸が止まらないのでござる。

f:id:Strawberry-parfait:20140818190043j:plain

↑ お匙が最初からセットされていたので茶碗蒸しが出るんだな~とは思っていたのですが、上の部分以外はかぼちゃで出来た冷製茶碗蒸しでした。フェイント。

だがもちろん美味しいわけです。

f:id:Strawberry-parfait:20140818185231j:plain

↑ 佐渡のもずくって言ってました。

沖縄のと食感が違います。とぅるっとぅるしていました。

そろそろご飯?とか思っていたら…

 

さらにフェイントで、

f:id:Strawberry-parfait:20140818185708j:plain

冷麦出てきました!

 

やや皿の運びが先んじていた隣のテーブルの方々に(こことうちしかいなかったんですが…)、「ごはんはヒジキご飯と普通のとどちらがよろしいですか?」と旅館の方が聞いていました。

「食べたいんですけど、お腹がいっぱいで…」

「ではおにぎりに致しましょうか」

という会話が。

 

うちもそうしました。ヒジキおにぎり!

すいません。写真ありません。夕食後の温泉の後に一気にがっついてしまいました。非常に美味しかったです。

 

あ、デザートもありました。

f:id:Strawberry-parfait:20140818190527j:plain

↑ グレープフルーツにはすごくほんのりと砂糖の味がしました。

なつかしい…。

そうだ、うんと小さい頃、家では半分に切ったグレープフルーツに砂糖がのって出てきてました。

なんで実家を出たら、あたりまえのようにスマイルカットしてルビーの方を食べているのか。

 

ちなみに、日本酒はこれを選びました。↓

f:id:Strawberry-parfait:20140818184109j:plain

吟醸っぽさはきつくはなくて、谷川岳の水のように飲みやすい味でした。

 

久々に食べ過ぎました。

もちろん、後悔はしていません。