読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゆうちょう。

美術展やら食べた物やら気の向くままにかいてます。

ごちそうの記録。

世の中にはキノコが嫌いな人も多いらしいですが、私はわりと好きです。

椎茸にとけるチーズをのっけてオーブンで焼いてちょっと醤油をたらしたのとかがとても好きです。(←ツマミ?)

 

が、正直「松茸」の良さはよくらないまま生きてきました。

いや、そもそもあまり食べた事がなかったわけですが。

 

ですが今週日中、久々にハハと食事に出かけた所、「おかあさん、あのお店の今月特別にやっているコースが食べたいと思ってきたの。松茸が入っているの」と出会うなり宣言。

かーちゃん、待ち合わせ場所に来る前からどんなコース料理があるのかチェック入れてきたんですね。

インターネットも出来ないのに見事な調査力。

 

「でも、高いのよね…」

そりゃ松茸だからね…。でも、相当久々の外食。

3年前に入院した時はおかゆも飲み込めない時期がずっと続いていたハハの過去を思うと、自ら「豪勢に食べたい」と言い出したのは何やらおめでたいような気がいたしました。

 

「食べましょう」と即答。

 

こんな感じでした。↓

f:id:Strawberry-parfait:20141010214546j:plain

↑ 何やらやたらとおめでたい感じ。開店10周年、そんなにうれしかったんですね。

おめでとうございます、という気分に。

胡桃豆腐、美味しいです。いや、他も。

 

f:id:Strawberry-parfait:20141010215256j:plain

↑ さらにめでたさ全開。きました。土瓶蒸しです。

あけてみました。↓

f:id:Strawberry-parfait:20141010215436j:plain

↑ そう、左手にはお赤飯です。

もう、これは「かーちゃん相当元気になりましたねおめでとう会」にしようと何となく心の中で思いました。

 

ところで…

土瓶蒸しって美味しいんですね!!!

なんじゃこりゃ。

昔、口にした時は子どもだったからピンとこなかったんでしょうか。

その後口にした時も己が若造だったために美味しさを理解できなかったのでしょうか。

それとも単にこの店が美味しいんでしょうか。

 

f:id:Strawberry-parfait:20141010215611j:plain

↑ 鯛です。やっぱメデタイってことでなんでしょうか。

梅紫蘇ドレッシングが見た目どおり味も派手すぎずいい感じでした。

 

f:id:Strawberry-parfait:20141010215757j:plain

↑ 「ひろうす」ってナニ?「飛龍頭」って文字をたまにみますが…。

後で検索したら、まんま「がんもどき」のことでした。中に蓮根が大量に入っていたところが私好みでございました。

 

f:id:Strawberry-parfait:20141010220116j:plain

↑ なんかもう器はとことんおめでたい感じ。

この鰆の上にのっかっているヤツは結構味が濃くて「ごはん食べたい。いや…酒を注文しろってことですか?」などと思いました。いや昼間っから呑んではおりませぬ。

 

バリバリ東京人な舌のハハも「これはちょっと味が濃いわね」とつぶやいていたので、やっぱり濃過ぎだったのかもです。

 

さて、かーちゃんお待ちかね、松茸のごはん、きました。↓

お店の人が「よそいます!」と待ち構えてらっしゃったので慌てて撮らせていただいたためボケています。不覚…。

f:id:Strawberry-parfait:20141010220335j:plain

↑ ごはん4膳分くらいありました。

おこげも。↓

f:id:Strawberry-parfait:20141010220544j:plain

ぬおーーーー。

美味しかったです。

なんじゃいこりゃ。

2膳なんて軽いもんです。

 

ハハもご満悦でした。

お店の人に、絶賛の言葉を伝えていました。

 

「美味しい時はちゃんと伝えておかないとね。その方がお店の人もうれしいでしょう?」とのこと。

大丈夫です。かーさん。私、美味しいモノを食べた時は興奮のあまり大抵お店の人に喜びを伝えずにはいられないタイプです。ん?これは血筋だったのか?

 

デザートは5種類から選べたのですが…ハハも私も同じ栗のアイスクリームを頼んでしまいました。↓

f:id:Strawberry-parfait:20141010221547j:plain

もちろん(?)美味しかったです。

 

そんなわけで、松茸ってすっごく美味しいんだな~ということを学んだ今週でした。

つまりもう、キノコは全部だいすきなんだなぁと思いました。