読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゆうちょう。

美術展やら食べた物やら気の向くままにかいてます。

ハムスターな気持ち

ここ数日「ハムスターな気持ちだな」と一日に何度も思っている。

正確には、ハムスターが籠の中で走ってカラカラ回す丸いヤツ、あれを回しているハムスターになっているような気持ちになるという意味です。

要するに堂々巡りをしているのです。

 

次の大きめの絵、何描こうかなって悩んで悩んでぐるぐると回っている。

いくつかの候補の中をぐるぐるぐるぐる。それぞれにアレンジしてみてはぐるぐるぐるぐる。何枚も何枚も(いや、何十枚か)下描き描いて、「これで行こう!」って決めてキャンバス張って地塗りもして、でも気が変わって、違う下描きを採用する事にして、そうなったらキャンバスの縦横比を変えたくなって、またキャンバス張って地塗りして…って、感じの堂々巡りです。(ざっくり表現してみたけれど本当はもっとたくさんムダな作業を重ねています。)

 

オノレにはハムテル(←「動物のお医者さん」)のように毎日様子をみてくれる人もいないので、更に孤独。エサも自分で用意しないとね。

 

とにかくこの一ヶ月、回転しすぎ。徒労に終わり過ぎ。

コアラ(←「動物占い」)は無駄骨が嫌いで計算高いはずなのに、無駄骨、折りまくり。

あ、無駄骨が嫌いだから、くるくるくるくる無駄に回り続けている事に凹むのか。

 

でもな、考えなしに描きたいもの描いていい場面とダメな場面があるからな。

今悩んでいるのは、ちゃんと考えつつ、その上で描きたいものを描きたいように描いた方がよい場面。セロリの美味しさがわかるくらい大人になったので、このくらいの事はわかるようになりました。

 

ただなー、考えるのが苦手なんだよなー。

大人になればなるほどオノレの頭の悪さがよくわかってきて悲しゅうございます。

とりあえず、頭が悪い事がわかればわかるほど「キミはデザイン向いてないから絵画に進みなさい」と言った中学時代の美術の先生の言葉がしみじみと正しかったと思うばかり。

 

とにかく今日も朝決意していた下描きとは違う下描きの方を使おうという結論に辿り着いた。でも、仕方ない。下描きを更に煮詰めていってみたらば「ああ、コレよりもあっちにした方がいいな」ってわかってしまったので。

 

どうか明日の朝、更に新たに「やっぱりアレにしよう!」とか気が変わらないことを切に願う。

 

(おまけ)

初めてニジマスを焼きました。

f:id:Strawberry-parfait:20150112202026j:plain

意外となかなかぬめりが取れないもんだなーと思いました。

塩ふりすぎたか!?と不安になりましたが非常に美味しかったです。ほ。