読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゆうちょう。

美術展やら食べた物やら気の向くままにかいてます。

春巻き。

久々に春巻きを作りました。

なぜ久々なのかというと、作るの面倒くさいな、って思うから。

だが実はおそらく、オットから最も待ち望まれているおかず春巻き。

わかっちゃいるが面倒くさいんだよ…と思ってずっと作らなかった春巻き。

友達を家に呼んだ時か友達の家で宴会をするためにしか近年作っていなかった春巻き。

 

だが、とりすぺさん(id:trick-spec)たちが「巻き物祭り」をされるとおっしゃっていたので、「そうか! たまには巻くか!」と思いったって巻きました。

 

2月1日「巻き物祭り」最終告知と参加者発表! - 俺はただ、飯の話をしただけだよ。

 

一心不乱に具材を切って巻いて揚げました。

f:id:Strawberry-parfait:20150131195424j:plain

じゃん。

 

あっ、制作途中の写真も撮った方がよかったかしら…いや、でもふつうだからな…せめて割って写真撮ってみっか。とか思って切ったらぐしゃってなりました。きっとカチカチにまで揚げてたヤツじゃなかったからか。

f:id:Strawberry-parfait:20150131200023j:plain

しかも切ったらたまたま春雨ばっかり出てきた。たまたまですよたまたま。

 

ココで改めて別の春巻きを切って撮りなおしたりしないところがナマケモノだなと思いました。でもあんまり無駄に切っておくとどんどん冷めてしまうし…と思ってしまう、食べること優先な思考回路。

 

ちなみに、具は…豚肉、たけのこ、しいたけ、ピーマン、春雨。ふつうだ…。

 

(どれか具を減らすともっとラクになってハードル下がると思うのですが、たけのこはオットの大好物だし、しいたけピーマン春雨は自分が好きなので、そしてやっぱりちょっとは肉を入れたい感じなので、どうにもなりません…)

 

春雨以外を細かく切ってショウガと共に炒めて、ちょびっとだけ砂糖と塩と醤油を投入。最後にゆでて切った春雨も投入。まぜまぜ。

 

あとはそれを春巻きの皮で巻いて水溶き片栗粉で止めます。

(小麦粉で止めるってのもよく見るんだけど、どう違うんでしょうかねぇ。昔々少しだけ通った料理教室での習慣でなんとなく片栗粉をつけちゃうんですが。)

 

そしてなんとなく良さそうな温度の油でなんとなく自分が好きな色になるまで揚げる。

うーむ。ふつうだ。

 

そのまま食べても味はあるけど、ちょびっとだけちょっと美味しいお醤油をたらしたりしてもまたよし。って、ふつうですなぁ。

 

どこまでもふつうで恐縮です。

こんなんで巻き物祭りに参加を表明するなんておこがましいなぁって思ったのですが、こうした機会に便乗しないとまた当分家で春巻き作らないな…でも春巻きかなり好きだから食べたいんだよな…ヨソの春巻きより自分で好きなモノ入れたヤツの方が好きなんだよな…とぐるぐる考えて参加の手をあげてしまいました。

 

久々に春巻きを作った記念として、2缶だけ残していたいただき物のヱビスビールをあけました。ちょーすすみました。ぐびぐび。うひゃひゃ。

たいへん美味しゅうございました。

オットもニッコニコでごきげんでした。

 

ありがとう、とりすぺさんっ。

参加者の皆様のところに後ほどお伺いしたいと思います。たのしみです。