じゆうちょう。

美術展やら食べた物やら気の向くままにかいてます。

個展終了。崎陽軒弁当。

いろんな方々のおかげで、数年ぶりの個展が無事終了いたしました。

 

「花より食べ物の方がよいと思って…」と食べ物を持ってきて下さった方の方が多数派でしたが、少数派で花を下さった方もいました。

f:id:Strawberry-parfait:20150407145915j:plain

あ、でも、このばばんと写ってる花、お菓子もついてました。(あれ?)

 

右のバケツに入ってるのは食虫植物と言ってたような…。

でも、コレをくれた方は個展の店の定休日に気づいておらず、同時開催中だったグループ展にだけ結局登場して、「個展で渡したかったのですが…」とコレをくれました。

いやぁ、申し訳ない事でござります。

 

久々の個展という事で、北関東から当日昼に突然「今、そっちの方に用事で向かってるんで寄れたら寄ります」という方や「伊豆の仕事の帰りなら寄れるから寄りますよ」という方等、遠方より来て下さった方や、もっともっと遠くから来て下さる算段をして下さった方や、「午前中手術だけど午後退院した後行きますよ」なんて恐ろしい方等々、『いや…そんな…無理ですよね…』と思いながらも、皆さまのお気持ちが非常にありがたかったです。うるうる。

 

いや、同じ市内、同じ南関東からの方々もそれぞれ本当にお忙しい日常生活の合間をぬってお越し下さった方々なので、ひたすらありがたく思うばかりの一ヶ月でございました。

 

通りがかった見知らぬお客様からの、友人からの、絵描き仲間さんからの、恩師からの、作品への感想も賜り、非常に勉強になりました。

 

初日まで10日くらいしかない状態での準備開始、期間中に別のグループ展の制作と搬入搬出もあり、「ムチャだったかな~」と思いつつ、「やってよかったなぁ」という感想であります。

 

いつになく御来場下さった方々への御礼状なんかも作ってみたりしちゃったりして。

でも、なんか家の「宛名ラベル」が切れてたりして。オットが「そんなのいつも普通紙に印刷してカッターで切って糊で張ってるよ」とか言ってたな、と思ってやってみたらエラく大変で深く後悔しつつも乗りかけた舟から降りられず、しょぼい宛名の紙を貼って本日投函してきました。

 

まめさん(id:mame90)、とりあえず御礼状だけ届きます。

驚嘆のしょぼい宛名ラベルをお楽しみ(?)下さい。

 

個展の最終週は、桜まっさかりウィークと重なり、花見を3回、個展の店での宴会も3回…むちゃな週となりました。

 

そんなわけで、個展翌日、朝から夕方まで外で花見をした帰り「今週遊び過ぎて(←なんという理由!!)もう…晩御飯を作る力が残っていません。お弁当買って帰っていいですか」と仕事中(←日曜なのに!!)のオットへメールをして、笑顔の顔文字付の返信をいただき、ふらふらと『困った時に崎陽軒弁当売り場』へ吸い寄せられてきました。

 

f:id:Strawberry-parfait:20150405201548j:plain

ばばーん。

かながわ出身でかながわを愛するオットはかなりテンションが上がっていました。

よかった! 単に中身で選んだだけだけど!!

 

f:id:Strawberry-parfait:20150405201653j:plain

 

f:id:Strawberry-parfait:20150405201630j:plain

あいかわらず間違いない味でした。

菜の花醤油漬けが意外と大量に入っていて、美味しく充実していました。

あと、殊の外、梅干しが美味しかったです。

小田原に行って梅干し買いたくなりました。

 

「職場でたまに崎陽軒弁当が出た時は、みんな大福だけをちゃんと最後にとっておいて、もう一杯お茶を入れ直して温かいお茶で楽しむんだよ」とオットが言ったのでそのとおりにしてみました。

うむ。

完璧な〆、という感じ。すごいぞ、崎陽軒

 

 

そんなこんなで個展は終わり、今度こそゆっくり「はてなの皆様の記事」を読んだりいただいたコメントへお返事を書かせていただくのだ~♪と思っていたのですが、いまだちょっとずつしか進んでいません。なんだか本当にすみません…。

 

私の個展の翌週からその店で作品を展示する予定だった方は「店内のごく一部しか使いません」という話になり、店長から「残りの壁面には、私たちの友人で書道家(かつ店に美味しい手作りパンを卸してる料理人)のRさんの作品と、あなたの『いちごのシリーズの絵』を展示しましょう。この時期にいちごを飾らないと!」と言ってもらえたので、明日、いちごの絵を6点展示することになりました。

 

6点中5点は旧作ですが、今から小さい新作を1点描いて持っていく予定です。

あわわわわわ。