じゆうちょう。

美術展やら食べた物やら気の向くままにかいてます。

京都の旅。その4。

しつこくすみません。京都二日目の話。(さかのぼってるのか?)

 

この日はかねてよりの野望を実現する日でした。

 

とりあえず、友人Mちゃんとホテルを出て歩いて行ったら

f:id:Strawberry-parfait:20150712081423j:plain

若冲の生家だ~♪」とテンションが上がるワシ。

京都に来るにあたり慌てて読んだ小説「若冲」を思い出して、にまにましてみました。

 

そして、やはり「京都前に読まなくちゃ!」(どういう義務感なのか?)と思って読んだ「有頂天家族2」の前作「有頂天家族1」の矢二郎(←たぬき)を思い出しながら叡山電車に乗りました。(矢二郎は「叡山電車」に化けられるのです。あ…ネタばれでしょうか。すみません。)

 

うひひ。

f:id:Strawberry-parfait:20150712101214j:plain

天狗様の待つ鞍馬に到着。

こみちさん(id:kazenokomichi)の御忠告通りポカリを持っていざ出発。

 

こみちさんはokkoさん(id:okko326)には、事前に鞍馬~貴船間を歩く話をしたら「大変だよ。暑いし。大丈夫? 気を付けて。しかもケーブルカーは休止中よ!」と御心配いただき、一緒に行くMちゃんには「全然大したことないよ。全然大丈夫だよ」と言われ混乱しながらやってきたワシ。

 

山登り女子・Mちゃんの言う事をどこまで信じたらいいの?

「神奈川の大山に登ったんでしょ?」「うん。買い物ついでに突然オットに連れていかれて…いつものスニーカーとジーパンで登ってきたよ」「大山より全然ラクだよ」ほんとに? 信じていいのか?

 

とりあえずすごく晴れていた。

f:id:Strawberry-parfait:20150712114538j:plain

伝わりますでしょうか。この日差し。

 

そう、猛烈に暑かったのでござる。

確かに道はMちゃんの言うとおり、私ごときでも普通に行けた。

だがしかし、この炎天下、前日に日本酒を飲みすぎた私の顔からは濁流の汗が。

そうそう、私ったらアルコールをとりすぎた翌日は顔がむくんで顔から汗が大量噴出するんでした。

ということで、慌てて人様から習った対処法・アゴの下や首の横をぐいぐいともんでリンパを流してみたところ、アホみたいな汗は止まりました。

 

道すがら、よくわからなかったけど、かわいかったカエルさん(にせもの)。↓

f:id:Strawberry-parfait:20150712121432j:plain

なんなんだ。このつぶらな瞳。

鞍馬山は謎に満ちている。

そもそも教義も謎めいている様子でしたしね。

 

650万年前に金星から地球に降り立った魔王尊を祀っているらしいですよ。

ミステリアス…。

 

あと、気になった木。

f:id:Strawberry-parfait:20150712125348j:plain

うねうね。

ケイスケさん(id:keisuke9498)がよく撮られているうねうねした木を思い出しつつ撮りました。(大分ちがうけど…)

 

なんだかんだ貴船について、アジサイをみつける。

f:id:Strawberry-parfait:20150712130118j:plain

 

さて、ここからがいよいよ野望の本題なのですが(その正体、もうお気づきでしょうか…)、なんか長くなってきたので、ここでぶった切って次に続きます。

 

今日はぶった切りがちな日のようです…。

ぶったぎりまくり。 - えにっき