読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゆうちょう。

美術展やら食べた物やら気の向くままにかいてます。

文鳥文庫やらたこ焼きやら

マンガ・本 のんだりたべたり にっき

少し前、いや結構前、有楽町の無印でふらふらと本を買った。

 

f:id:Strawberry-parfait:20161105111539j:plain

これは表紙というよりもケース。

 

開くとこんな感じ。

f:id:Strawberry-parfait:20161105111621j:plain

バラバラになった短編がつまっている。

 

うほ。

コレだとうすっぺらい短編の一冊だけを持って出かけられる。

しょっちゅう大荷物で外出しがちでたまに遠出をする私が「電車内でちょっとだけ本が読みたいんだぜ」という時の御伴にぴったりではないか。

 

なんか読んだことあるヤツがほとんどな感じだけど、どうでもいいぜ。

久々に読み返すのもいいではないか。

 

ラインナップはこんな感じだった。みてのとおり結構高いです。

f:id:Strawberry-parfait:20161105111547j:plain

一冊150円でバラ売りもしていました。

 

とりあえず、読んだことなくてタイトルが推理小説好きの我が心をくすぐった、漱石の「変な音」を読みました。

 

 

小説を買ったのはとても久しぶりだった。

4月に働き出してから、すごく本を買っていない。すごくちょっとしか買っていない。

こんなに本を買っていないのは、幼稚園時代以来…というか、本を買い始めてから初めてだよ!というか。

 

なんだかここ数か月すごく「無理をして生きている」感じがする一因なのかもしれぬ、と思ったものでありました。

 

 

そして、少し前にいろいろなたこ焼きを食べました。

スタンディングスタイルです。

f:id:Strawberry-parfait:20161202163656j:plain

左上から時計回りに、おろしポン酢、餡子入りアイスのせ、定番、パクチー付きアジア風。(正式名称は忘れました。)

 

あ、1人で食べたんじゃないですよ。5人で。

カリカリ中とろとろ。

定番はもちろんですが、おろしポン酢がたまらなく美味しかったです。

おうちでも食したいところ。