じゆうちょう。

美術展やら食べた物やら気の向くままにかいてます。

2017年12月には京都にも行った。

わ。4か月も経っているぞ。

昨年12月下旬、神戸に遊びに行った。↓

神戸で食べた肉など。 - じゆうちょう。

 

ryoさん(id:ochi_cochi)、絵描き友達のJくんとは、美術館の最寄り駅で別れて、こみちさん(id:kazenokomichi)と我が友人Mちゃんと共にそこから京都に向かった(鼻息)

 

f:id:Strawberry-parfait:20171223184945j:plain

うほー素敵なお店の入り口。

こみちさんがオススメしてくださった店を予約しておいたのです。うほー。

f:id:Strawberry-parfait:20171223190319j:plain

しかし懐石ってなんで日本酒に合うものからスタートするのかな。

現代人のワシはどうしても最初はビールで始めたいんじゃ。

f:id:Strawberry-parfait:20171223192330j:plain

で、大体、刺身をみてこらえきれずに日本酒頼む。いつものパターン。

ま、いいんですけどね。

美味しくて、こみちさんとMちゃんと一緒で、いろいろ楽しく話をして幸せの絶頂でござった。

f:id:Strawberry-parfait:20171223193626j:plain

近年、焼いた魚、美味いなって思う。

これはトシをくったせいではなくて、「美味い魚」にありつけるようになったからなんじゃないかな?と思う。

ん?つまりトシくって美味しいお魚に出会える機会が得られるようになったからであって、結局トシをくったおかげということ?

f:id:Strawberry-parfait:20171223193630j:plain

で、ますます「肉も好き」だ。

えーと、トシくっても胃腸が丈夫なのかな。遺伝的に。

 

 

f:id:Strawberry-parfait:20171223200829j:plain

茶碗蒸しって、結構ランクがあるよな、と生意気なことを思う今日この頃。

ああ、そうさ。ココのは大変満足でござりましたよ。えへへ。

f:id:Strawberry-parfait:20171223202245j:plain

当然、米も美味い。

「米美味い」って、子どもの頃は意味わからんと思っていたけれど、もう大人なので理解できるようになりました。

f:id:Strawberry-parfait:20171223204158j:plain

〆が抹茶色であることに満足覚える京都旅であります。

 

この翌日もMちゃんとイロイロふらついて色んなものを食べました。

そして帰りの新幹線内でV6オカダくんの赤紙事件を知ることとなったのです。

 

こっから全然ちがう話で恐縮です。

 

赤紙事件とは、オカダくんが真っ赤なクリスマスカードと見まごうばかりのカードに結婚のお知らせを記載し、クリスマスイブに日付指定をしてファンクラブ会員に配布した件のことです。

 

オカダくんをイチオシにしているファン等にしてみれば、あまりうれしくはないお知らせだぜと感じる人も多そうな内容のお知らせが、よりによって「わーい。クリスマスカードだ♪」と喜んで開けたら、天国から地獄的な流れが待っていた的に届いた的な。

 

今後クリスマスシーズンの度にこのカード開けた時の落胆を思い出すのかよ~、普通の日に届けてくれよ~。とか、

年賀状処理に忙しいシーズンに配達日指定で送るなよ~郵便局員さんにご迷惑だよ~、とか。そんなビミョーな気持ちで受け止めたファンも多かったっぽい。

 

なんだかこのお知らせ手段にはファンはあまりよいリアクションをしなかったということから私の中でこれを「赤紙事件」と呼んでいる。ま、正しくは「赤カード事件」だけど。)

 

指定されたイブよりも早く到着したカードがSNSに投下されてニュースとなったのを、京都から帰る新幹線内で私は知ったわけです。

 

「あら」と思いつつ、このニュース、特に車内ではMちゃんには伝えませんでした。

 

Mちゃんはワタシに付き合ってV6コンサートの地方遠征にまで付き合ってくれる人ですが、そんなにディープなオタクではないので、(そしてオカダくんがイチオシなわけではないので)、ま、どうでもいい話かな、と思ったのです。

 

そんな私も中途半端な深さのオタク。コンサートチケットは自力でしか取らないしファンクラブ枠も自分の分しか入っていない。イチオシ(業界用語で「担当」と言います)の人が載っている雑誌も100%購入しているわけではありません。

 

でもまぁ、Mちゃんよりは相当深めのオタク。

 

このオカダくんの、強めのファンの気持ちに対する配慮が少なめなお知らせ形式には、ちょっとしょっぱい気分になって京都から帰ってきたのでした。

 

でも、オカダくんてそういう感じの人だなってのが元々色んなところで滲み出まくっている人なんですよね。さまざまな言動から。

あんまりファンの気持ちがわかってない感じ。

 

V6残りの5人の言動は「まぁ大人の脳みそがあればそれくらい気は遣うよね」的な配慮を感じるのですが、どうもオカダくんは「え? それファンが喜ぶと思ってるの?いや、V6ファンの大半が求めてるのはソコじゃないと思うよ」ってトコロが多い。

 

(例:コンサート中に、真面目な曲中ふざけたちょっかいを何度も他のメンバーに出してみる。コレ、「メンバーが仲良くしてるのみるのうれしいんでしょ?」というような発想をしているらしき意味の発言がオカダくんから実際雑誌などであるだが、多くのV6ファンは「がんがんに踊っているのがみたいんじゃ。ちゃんと振りがついてる曲は真剣に全力で踊ってくれ」と思っているっぽいのがネット上の多くの場所で散見される。)

 

そんなわけで、新幹線内でスマホを握りながら、オカダくん…やっぱりアナタってそういう人だよね…と思いつつ、オカダ担のお嬢さん方の心中を慮り、ビールをあおったのでした。

 

しかし、あれからナガノくんのオクサマのオメデタのニュースとモリタくん結婚のお知らせも届き、あとは「40までは独身」的なコメントを最近していたミヤケくん(きたる7月には39歳だよ!)よりも早く、リーダー・サカモトくんから結婚のご報告が届くのかどうか…まあ、届かなくてもしょうがないよね。

 

とりあえずイノッチの「9係」の後継番組と、糸村さん…じゃなかった上川さんの執事・探偵モノの連ドラが始まって、今月のワタシはウキウキであります。

 

(上川さんはV6ではありません。)

 

人生、結婚してもしなくても幸せなひとは幸せだし。リーダーはすでに幸せそうに毎週テレビで楽しそうにお散歩して、なんか美味しそうなものを自分で作って食べてらっしゃいますしね。