じゆうちょう。

美術展やら食べた物やら気の向くままにかいてます。

牛肉もたべた。

本当に肉ばかり食べている。

 

f:id:Strawberry-parfait:20181013134954j:plain

うんまかった。

「これ、ソースが美味しいのね」と一緒に食べていた方が言った。

 

一緒にいたバレエの先生はなんと、これと同じランチセットを半分食べた頃、追加で別の牛肉を一皿追加注文した。

 

似たような見た目だったが、追加の肉のソースは違う味。

「最初のソースの方が美味しい。くみちょうちゃん、こっちのソースで食べるといいわよ」といつのまにか半分私も肉を追加で食べることになっていた。

 

肉三昧。だが、別にライ〇ップってるわけではない。いや、糖質は控えているけど。

 

この日はランチだし…と久々にコメをしっかり食べていたら、先生に「私、今からリハーサルだから、くみちょうちゃん私のパンも食べてね」と主食もたくさん食べてしもうた。まあ、いっか。昼だし。

 

夏から減量しようと思っていたのに、どうも慌ただしく最近やっとちょっとずつ減量モードに入ってきた。自分は忙しいとやせられないタチなのだ。

完治手前の足首のケアをしつつ運動量をちょっと増やして、食べるモノを厳選する。

足首ケアにも運動するのも時間はかかる。

 

特にこの食べるモノ厳選、というのが時間に少しゆとりがないとできない。なぜならば基本常に食欲旺盛なタチだから。計画的に食事をとらないとガンガン食べちゃうんだもの。忙しくて食事までの時間が空いたりするともう大量摂取してしまう。

 

どんなに疲れても、精神的に追い詰められても食欲が衰えることはあまりない。

比較的鈍感なのかな、と思う。もしくはとても胃腸が丈夫。

 

f:id:Strawberry-parfait:20181013213236j:plain

うずらの卵、にんにく醤油づけ。なぜうずらの卵はこんなに美味しいのだろう。)

 

 

話はとんでゆくのだが、青山の土地に子ども関係の施設をまとめて区がつくろうとしている話、あれ、利用する人はあんな基本的に一般利用者が多い駅が最寄りの場所ってイヤだと思う人が多いんじゃなかろうか、とちょっと思う。

 

子どもと一緒に「相談」に行ったり、DV被害で逃げに行ったり、そういうのを知人に目撃されたくないって思っているオトナ(子どももか?)は多いんじゃないかなと思うのだが。

 

こんな「ココにできるよ~」なんて多くの人に知られたらますます出入りするときに「見られてないかな」って気にしないかなあ。

 

できれば少しでも地味な駅で、少しでもいろんな人が集まってこない地域にそういう施設を地味にひっそりと建てておいてほしいんじゃないかなあ。

や、港区内で地味な所少ないかもしんないけど。埋立地とかないんかな(適当)。

 

いくつかの部署を一括した建物にして便利なのは区の公務員の方のような気も。

利用者は小さめの地味な建物であってほしい人が多くないかなぁ。

 

「いや、そんな人目を忍んで…なんて身を小さくする必要はないですよ」なんて言葉をかけてもそれは当事者の気持ちの問題だからなあ。なんて思うのである。

 

以前、大学で事務の仕事をしていた頃、大学内にある「教育相談の施設」に相談にくる不登校の子どもの保護者は、それを知り合いに知られたくないようだったし。そうしたことを含めて足を運ぶこと自体に対して一つのハードルが存在しているようだったし。

 

不登校の子の保護者、仕事でもプライベートでも何人か知っているけれど、本当に深く悩んでいるし、ゴールもわからないし、すごくすごくつらそうだ。

もちろん、当事者の子どもだって苦しんでる子が多いんだけどさ。

 

相談したいような問題を抱えてる、って人には知られたくない、って気持ちをもつ人は多いと思うんだけどな~。大通りに面してなくても、あんなに華やかな街に巨大な建物として登場しなくてもいいんじゃないかな~って思うんだけど。

 

でも、利用する人の気持ちについてアンケートをとる、とか…。

や、そんなコト気にしないのか。区の公務員も近隣住民も。