じゆうちょう。

美術展やら食べた物やら気の向くままにかいてます。

ほぼ京都のたび。その1

11月4週目週末、2泊3日で京都+おまけの旅を友人Mちゃんとしてきた。

いや、「おまけ」がキッカケの旅だったんだけども。

でも、新幹線の目的地も宿泊地も京都なので「ほぼ京都の旅」。

 

ハハやギボの急でハードな病気やらオジの突然の事故死に伴う通夜告別式受付業務等が直前に押し寄せてくる前から、絵のグループ展だのなんだので何かといつもどおり旅行の準備が滞っていたのだが、まあやっぱり「拍車がかかった」感じで前夜必死に荷造りをして無事朝早く目を覚ますことができた喜びと興奮により、ついつい新y-hama駅にて朝ごはんを「ごはんにするかパンにするか問題」に対して

 

f:id:Strawberry-parfait:20181123070757j:plain

 

両方買うという暴挙に出た。

 

どっちも大変美味しかった。両方を選んだ自分の天才さをほめたたえざるをえない。

特に焼きさば寿司は実は「おにぎり」なのだが、混ぜられていたショウガや白ごまが天才。

疲労と睡眠不足のワタクシは大層うっとり致しました。

や、疲れて眠いからこそオカシイのか。

 

その(オカシイ)証拠に

f:id:Strawberry-parfait:20181123072430j:plain

手持ち用リュックからは何故か釘抜きが出てくる始末。

グループ展の搬出日に使ったままだったんだなー。

前夜に突然このリュックを持っていくことにしたからなー。

 

f:id:Strawberry-parfait:20181123104046j:plain

南禅寺の庭はほどほどに紅葉が始まっていて、明るい日も射し始めていてよい感じのスタートでありました。

 

f:id:Strawberry-parfait:20181123104102j:plain

濃い赤までいっていない葉っぱが多かったけれど、わりと黄色からの中間色も好きなのでヨシ。

人は多かったけれどまだ午前中だったし広いしで大した混雑ではなかった。

 

永観堂前まで行ってみた。

既にスゴイ人の模様。

確か有名な絶景スポットはこういう混雑時は立ち止まって写真を撮るのは禁止されてるんだよなぁなんてどこかの雑誌で読んだことを思い出したので、入口付近だけを眺めて「内部に入らなくてもいいよ」と提案したら人混みを好まないMちゃんに受け入れられた。

 

f:id:Strawberry-parfait:20181123110719j:plain

 

Mちゃんの希望に従い、「グリル小宝」を目指し歩いて移動。

 

今回、「この時期、バスは進まなくなったり来なくなったり時間が読めないので危険」という、こみちさん(id:kazenokomichi)のアドバイスに従い、ほとんどバスに乗っていない。いつも以上に笑うほど歩いた。

 

f:id:Strawberry-parfait:20181123113255j:plain

看板のロゴがかわいい。

 

開店30分前に着いたらすでに結構な長さの列ができていたので並ぶ。

「日当たりがよい位置でよかったねー」

この日は最高気温が低めの予報だったので寒さを覚悟してきていたのだが、太陽のおかげでかなりマシだった。まあ寒くなったらホカロン貼ればいんだけど。

 

f:id:Strawberry-parfait:20181123122827j:plain

入口もなんだかかわいい。

 

開店前にお店の方が出てきて人数を数えていく。

我々の少し手前までで「最初に店に入れる人数」に到達。

我々は2周目なるので「開店の30分後くらいに入店できる」と教えてくれる。

メニューを選ぶのにめちゃめちゃ悩みまくるMちゃんとワシ。

悩みすぎてトータル1時間の待ち時間はわりとあっという間。そう、悩みすぎ。だってどれも美味しいなんだよう!

 

f:id:Strawberry-parfait:20181123123404j:plain

 

なんだか隅々がかわいい。

季節限定メニューに再度心揺れる。

ちなみに左の蓋つき容器には福神漬けが入っている。

 

f:id:Strawberry-parfait:20181123120952j:plain

Mちゃんは結局「初志貫徹」のハヤシライスにした。

ごはんがすごくたくさん盛られている。

結構食べれるMちゃんが「一気に食べないと無理」と言っていた。

 

f:id:Strawberry-parfait:20181123121038j:plain

欲深いワタクシはいろいろのっかている「ランチ」を注文。

 

キャベツの千切りが美味い! ちゃんと美味い! 

む、やるな…とか偉そうなことを思う。

そう、オマケのようにしかれているスバゲッティ(ここはパスタではない気がする)が、ちゃんと美味しい。

 

もちろん、ハンバーグは大そう美味しい。

カツもエビフライも勿論美味しい。

ごはんもたっぷり。

 

「あー3人以上だったら、小さいオムライスとか追加してシェアして食べたかったねー。二人だとねー」と言いながら、お互いにちょっとずつ味見。

 

今日は夕飯もそんな遅くない予定だし、美味しい所へ行く予定だからね。

ここで食べ過ぎるわけにはいかないよね、我々。

 

そんなわけで、また行きたいグリル小宝。

紅葉激混みシーズンでなければ、もうちょっと並ばずにすむのではないだろうか?

どうじゃろ? ま、友達とおしゃべりして待てば全然苦ではないんだけども。

1人で本を読みながら待つのも苦ではない。

でも地元では基本並んでまで飲食店には入らない。旅先パワーか。

 

主に紅葉を目的とした旅のはずなのだが、なんとなく食べ物のについての写真と記事の方が多くなる予感がしなくもないのだけれど、1日目前半戦はココまで。

 

1日目夕方にやってくる大失敗の気配をこのとき微塵も感じていないあたり、ワタシに予知能力は備わっていないようだと確信した旅であった。