じゆうちょう。

日記です。観たもの、食べたもの、読んだもの、ほか。

2019京都のたび。その8

京都2日目。午後。

ちょーどしゃぶり。傘の意義が薄すぎ。

 

京都で雨が降っちゃったときに行こうね、って友人Mちゃんと言っている場所がいくつかあって、その一つへ向かいました。(雨の日ほけん?)

 

f:id:Strawberry-parfait:20190630142016j:plain

 

河井寛次郎記念館でーす。

いやあ、よかったです。

 

大学時代はサークルで陶芸を少ししていたんですが、そんなに陶芸よくわかっちゃいないんですけども、家まるごと素敵でした。

置いてある椅子も…もういつまでも座っていたい。

 

「やっぱ中庭がある家っていいよね」と鼻息荒く興奮。

 

奥には大きな登り窯もあるのでござる。

以前、学校で持っているっていう登り窯とか見学したことあるけど、こんな普通におうちの敷地の中に登り窯。なんかすごい。

 

2階の部屋のテーブルの上では猫の作品の横でくつろぐ猫(←生きてる)。

最高じゃ。

 

1階に関連書籍がたくさんあって、Mちゃんと各自しばし読みふける。

 

2人ともだらだらうっとりと過ごしていたら何だか雨音がおとなしくなった。

止んだよ! あの激しすぎな雨が止んだよ!

時間をみると、まだお参りに行ってもよさげな時間。

 

明朝行く予定にしていたところへ急遽向かおうぜってことになってすぐにルートを検索して移動を開始しました。

 

いやあ、グーグルマップのバス検索能力って本当にありがたいでござる。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190630160550j:plain

上賀茂神社とうちゃーく

 

山に登るMちゃんはココで雷除けの御守りを入手するのであります。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190630160945j:plain

なんか「令和」の文字があったので撮ってみた。

書、よいですよね。

って、苔寺に筆持っていくのを忘れてなげやりな写経をしてきてしまったワタクシですが。

 

で、緑の中をうろついて願い石(岩?)的な所に手をあててみたりしていたら

 

f:id:Strawberry-parfait:20190630162604j:plain

急にぱーっと陽が出てきた。

ひゃー。

ずっと激しい雨だった日にこんなに太陽出てくるとは思いませんでしたよ~。

やっぱ陽が出て明るくなると気持ちが上がるもんですね。なんて単純なんでしょう。

ビバ太陽。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190630161330j:plain

神社を出てすぐ、バス停横のこちらの店にMちゃんが「寄りたい」というので一緒に。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190701072305j:plain

やきもち。Mちゃんの大好物らしい。

 

「あれ? 今まで食べたことなかった?」Mちゃんは大抵毎回買うという。

多分、今までは一緒に来てもワシは買うのを眺めていただけなんだな。

この日はつられて一つ買いました。

ちょっと疲れていたのかも。

甘すぎなくてなんだか素朴で美味しかったです。

 

この後、京都タワーの地下で飲み食いしようか、って考えていて向かったのですが、何だかゲキ混みな感じでちょっとひるみまして、雑貨店等を物色。

良さげな酒店をみつけて、重さに負けてこぶりのものを1本、土産用に購入。

 

さて、ドコへ行こう、と京都駅周辺の居酒屋を突然検索。

いくつか気になったところを覗きつつ「混んでるねえ」「うーん」とか言いながらホテル方面へじわじわと移動。

 

結局、ホテルのごく近くの大変ふつーな所「揚げバル」なる店に落ち着きました。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190630201249j:plain

ビール~。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190630195050j:plain

ギトギトなフライドポテト。ほっほっほ。

西に来たので紅ショウガです。

 

あー昔V6のカミセンがナゼが深夜番組でパンクバンドとなって「紅ショウガ」と連呼して歌ってたなーと大変なつかしいことを一人思い出してほくそ笑みます。

なんだかお互いに気をつかいながら、番組のコトも考えてムリヤリお互いにケンカを売るトークを繰り広げている3人が面白くて毎週みていたものでした。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190630195553j:plain

躊躇なく揚げものを頼んでいくスタイル。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190630202314j:plain

ちょっと野菜もたべておくか、と考えたようです。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190630201646j:plain

揚げ物以外もたべておくか、と思ったようですが味付けが辛めで美味しくてビールがますます進むという展開。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190630202429j:plain

最後まで油。

たくさんビールを飲みました。

 

あまりデザートは頼まない我々。

サラダもわりと頼まない。

おっさん風味?と一瞬思ったけど、この揚げ物祭りはどちらかというと青年男子か?

まあ旅先なのでハメを外す。

いや、都内で会っててもあまり変わらないのでちょっと強引な言い訳でした。

 

リーズナブルでビールに合うものがたくさんあって、よいお店でした。

近所にほしい!!!

 

 

で、すぐにすぐ近くのホテルへ。

部屋に戻る前にフロント前にある、無料ラウンジへ向かいました。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190630231911j:plain

 

コーヒー、紅茶類が飲み放題でガイドブック他京都の本がいろいろ置いてあって人も少なくて広くて…なんだかもう大変居心地のよいところでございました。

 

ここ、滞在の3日間朝晩がっつり利用しました。

このホテルでいちばん気に入ったところかも。

 

置いてある小さな飴ちゃんも大層美味しかった。

京都タワーで売っていたので買ってくればよかった…。次回買おう。

ああ…また一つ次回の京都への野望が…。

 

 

ゆずと塩とレモンが好きなので

買ってしまいました。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190718232739j:image

 

食べてしまいました。

 

美味しゅうござりました。

 

ほぼほぼ自堕落な1日を過ごしてしまいました。

と、思ったけど、よく考えたらいくつか用件片付けたんだった。

 

もう、今日はヨシとして明日がんばるのだ。

 

夜ふかしは控えて早めに寝るのだ。

って、既にたっぷり夜はふけているが。

 

崎陽軒 中華弁当

本日、やたらと用事をいくつもつめこんでしまったので…

 

実家に向かう途中、崎陽軒 中華弁当を買った。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190717222236j:image

 

崎陽軒に並んでた中では豪華め。

近頃ハハも体調問題でイロイロ大変そうでかわいーな感じなので励ましの気持ちを込めてちょっと豪華め。

 

想像どおり、全おかず美味しかった。

崎陽軒えらい。

裏切らない。

 

昨今人件費だって削り過ぎるのは如何なものかとも思うので、お値段と内容のバランスに文句ないです、という気持ちになりました。

いや、実際のところはよくわからんが。

感覚的に。

 

バランスに納得できてると満足できるタチなのかしら?

ま、大抵そういうもんか?

 

いや〜、エビもイカも弾力あってやわらかくて、それぞれの味もよくってよかったな〜

うんうん。

 

 

2019京都のたび。その7

京都2日目、昼。

 

下鴨神社を出る頃には、雨はめっちゃ激しくなり「日本はやはりもう温暖湿潤気候の国ではない! そんなエリアに降るような生易しい雨じゃないじゃないかーっ!」と心の中で叫びながらバス停へ。

 

雨で遅れがちになっているバスの乗り継ぎに悩みながら、出町柳界隈では次に乗りたいバス停へ向かってどしゃぶりの中を猛ダッシュ。予約した店へ時間前にどうにか辿りつきました。

 

こんなとき、激しい天気にも急なダッシュにも全く不満をもたずに淡々と移動できる友人Mちゃんは「流石、山登りムスメ…」と思わせてくれるたくましさ。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190630111831j:plain

じゃじゃーん。

菊乃井さんがやってる「無碍山房 Salon de Muge」でござる。

 

Mちゃんが「友達がオススメしてた」って発案し、「1日目夜も3日目昼も贅沢する予定だけど、2日目昼も贅沢すっか!」と腹をくくり、こちらを予約しました。

宵越しの銭はもたねー江戸っ子だぜ。(もう随分昔に江戸から引っ越した…)

 

f:id:Strawberry-parfait:20190630125510j:plain

あいにくの天気で庭はほぼ店内からみえず。

この位置は唯一「やや見えていた位置」です。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190630125504j:plain

ステキな床のカウンター席を横目に奥のテーブル席へ。

基本喫茶の店だけあってこじんまり。

 

だが、一番奥には6名のマダム団体客。そのすぐ手前の席に案内された。

イヤな予感は的中して団体様は終始声が大きくて、ちょっと残念な空間になっていた。

離れた位置の6名の団体は静かだったんだけど。

 

こういう「ちょっと贅沢なお食事」のときに「この空間にしてはうるさいのでは?」というお客様が近くにいると何だかちょっと残念な気持ちになる。

 

こんな時どうしたらよいのかな。

 

どうにかしてくれる力がないお店な時点で、そこは本来贅沢な店では実はないのかもな、とも考えたりしてみた。

 

いっそ話しかけてみたらよかったのかも。あとのまつりじゃ。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190630112538j:plain

わくわくするお品書きをみて、極力背後のうるささは忘れよう…という手段にこの日はでました。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190630113434j:plain

 

横には熊谷守一の作品。は、うれしいけど、この額、まがってね?

この配置、ズラすならもう少しだけ離してズラしては?

ああ…余計なことばかり考えちゃうぞ。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190630114247j:plain

こんなのはちょっと素敵げなんだけども。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190630114210j:plain

さて、お料理。

美味しかったよ!!!

お刺身、非常に美味しかったです。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190630114319j:plain

マジ、お料理はどれもこれも隙なく美味しくて、流石!と思いました。

 

つーか、もう、背後のマダムがものすごく椅子をひいたままだから、ワシの後ろを通る店員さんが非常に苦労していてワシは精一杯椅子をテーブルに近づけていてそれでも店員さんは終始ダメな感じで、ちょいちょいワシの方へ激突…だが背後のマダムは全くそのことに気づかず最後まで定員さんはワシにだけ迷惑をかけていた。

 

うーん。

マダム達よりも若造っぽい我々はちょっと軽い扱いでよいか、って判断なのかな?

一見さんには冷たくする古風なスタイル?

 

f:id:Strawberry-parfait:20190630115842j:plain

ご飯もお漬物もよかったです。でも赤出汁とかつかないんだね。そこ節約なのかな?

ちょっとびっくりした。

 

食事中何度もお茶が足りなくて、頼みたくても「人手不足」って感じでなかなか頼みづらくスムーズに食事がすすまないことも。

 

どうにか食後に最後の一杯のお茶を手に入れた途端に「お話し中失礼します」とお食事代請求係さん登場。

なんだかその声をかけてくる間がとっても悪かったのだが、まあすぐに喫茶タイムが始まるから仕方ないのかな~。

お客様も多いから何事もギリギリに詰め込んで稼ぐぞ!って感じなのかな。

 

 

 

これがカジュアルに菊乃井の味をたのしむ、ってコトなのかもな。

まあ、どしゃぶりの中タクシーも使わず移動しているワシ自身が相当カジュアルな服装をこの日もしていましたが。

ランチの値段はカジュアルではないのでは?と思ったり。

 

味だけはよかったのでまあいっか。

 

この美味しいランチの予約をかなり直前に取れるのは、このカジュアルな「無碍山房」の方ってことなのかも。本店のランチは予約いっぱいって言っていた。

いや、案外本店でも女性の旅行客には居心地が悪いのかもしれないぞ。

油断大敵だ。(?)

 

 

 

2019京都のたび。その6

京都2日目。

3日間中で一番しっかり雨がふる予報だったのでそれを意識したプランで動く予定でござりました。予定は未定。

 

まずは以前からちょっとワシが行ってみたかった閑院宮邸跡へ。

御所内の左下あたりにあります。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190630093523j:plain

お庭が広くて素敵じゃった。

でも予報通りかなりの雨であまりのろのろと探索はできず。

いつの日か晴れた日にも来たいぞ。(決意)

 

f:id:Strawberry-parfait:20190630093933j:plain

青もみじが床に映るのです。

でも、この日の天気はイマイチなので…。うーむ。また来たいものです。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190630094148j:plain

フタバアオイちゃん。

上賀茂神社フリークの友人Mちゃんと下鴨神社ファンのワシはやたらと写真を撮っていました。おほほ。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190630094227j:plain

建物に囲まれた中庭のなんだか素敵だった。

小ぶりの木が一本だけいるのってなんだか素敵だ。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190630095142j:plain

雨がやや落ち着いたので花に誘われて少しだけ庭の奥へも行きました。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190630095314j:plain

額紫陽花こんもり!

が、雨足が再び強くなり、あまりゆっくり撮れず…

 

そう、雨キライなのであまり戦っていられない…

そこで根性は発揮できないタイプなのです。

そもそもそれほど根性はないという説もありますが。

 

いいもんね。いつかまた来るもんね。

と思いながらお暇いたしました。

 

そしてバス2台を乗り継いで…

 

f:id:Strawberry-parfait:20190630104045j:plain

下鴨神社~。わーい。

 

okkoさん(id:okko326)がかつて御紹介されていた「有頂天家族」…アニメから入って原作小説を読み…下鴨神社好きになりました。

ええ。非常に安易。オタク。三男が一番好きです。

 

別にタヌキは出てこないのですが、来るだけでなんだか気持ちがあがる。

 

このあとガンガン雨が強くなっていったものの、しっかりお参りが出来て、少し前に割れてしまったお守りの代わりに新しいお守りを買うこともできて満足でございます。

 

いや…でも…次回は晴れた糺の森を撮りたいです…

次回は…

 

なんか京都には来るたびに「次はこうしたい。ここへ行きたい。また来たい」欲が増幅しているような気がしました。

 

こみちさん(id:kazenokomichi)とお食事処の相談中、候補にあげながら行くことを断念した店にも、okkoさんがブログで紹介されていた魅惑の店にも行ってみたいわけであります。

 

あと、みてみたい景色がまだまだある…。

でも、ちょっと落ち着いて家で描きたい景色もあるんだけれども…。

 

己の欲深さをかみしめる京都のたび…。