じゆうちょう。

日記です。観たもの、食べたもの、読んだもの、ほか。

六本木歌舞伎とか。

V6の三宅さんが出てた六本木歌舞伎「羅生門」、友人Mちゃんと先月末に行ってきた。

 

メタ歌舞伎って感じで、「羅生門」と歌舞伎の「茨木」の合体って感じ。

メタ構造の隙間のフリートークも正統派的歌舞伎場面も面白く、とてもよかった。

 

途中、普通に歌舞伎口調でしばらくそこまでのあらすじが理解できるような会話を喋った直後に、急に現代語で砕けて同じやりとりをおもしろおかしく繰り返すシーンがあったのだけど、こういうのが「ジャニーズを通して初めて歌舞伎にふれるお客様があらすじをしっかり追いつつ楽しめるように」の工夫なのかあ、と思った。

正しいサービス。役者さんも上手くてすごくウケていた。

 

で、ちゃんと歌舞伎的な見せ場もある。

三宅さん目当てで来たお客様の中の何割かは、「今度は普通の歌舞伎をみてみよう」って興味をもったに違いない。つーか、実際そんな感じのつぶやきがSMS上に見受けられる。

 

「六本木歌舞伎」の目的(と思われる)(=歌舞伎ファンのすそ野を広げる?)に添った効果…。素晴らしい。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190226204057j:plain

(鑑賞後、Mちゃんと適当に入った店のお通し。うんまかった。)

 

そういや、「こんなふうにジャニーズ使って客を集めたって、ホントの歌舞伎のファンが増えるもんか」的な解釈をしている記事をネットでみた。

特にその結論に至る理由も添えていない雑な文章だったが。

 

いや、オタクというのは「一ジャンル一筋タイプ」もいるかもしれんが、いくつかをかけ持つタチの層も結構いると思う。自分の身近にはわりといる。V6とサッカーのオタの方とか。

「踊りをみる」のが好きな人はバレエしか観ない人もいれば、他の踊りも機会があれば行く気持ちがあったりするし。自分は元々機会がある時は歌舞伎も観るし。

 

特にV6のファンなんてダンスを観るのが好きな層が多めっぽい。そのせいで(?)もうすぐ25周年を迎えるっつーのに、いまだコンサートでしっかりがっつり踊るV6…。

 

動きが大きな見せ場となる「歌舞伎」にも心惹かれるファンは一定数いるだろう。

V6メンバーをゲストに迎えるってそういう意味でもすごくよいねらいどころだと思うけどなぁ。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190226205304j:plain

(レンコン、使うのは面倒くさいけど食べるのは大好きだ。)

 

三宅さんは「踊り」が好きなだけあって、歌舞伎的な動きも初心者かつ稽古日がすごく短かったというわりに頑張っていたと思う。

ま、いつも踊ってるジャンルとは重心とか何かと真逆で大変だったと思うのだけれど。

 

でも元々「正解の形・振付師の形」からあまり崩さずに踊るタチだと思うので、型ある動きを真似ることに不向きではないんじゃないかなぁなどと思う。

 

でも、V6の中でダンスに関して「不器用」で「一番練習している(けど本番で一番間違える率も高い)」と言われているので、そらーもう動きを入れるのは大変だったんだろうなと思う。

 

その証拠に(?)顔がげっそりと痩せていた。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190226205803j:plain

(美味。)

 

歌舞伎をする人はもう子ども頃からコツコツいろいろ身につけていった末に舞台に立っているので、突然飛び込む三宅さんは「どんでもない。恐れ多い」って感じの事を言っていた。

 

でも基本コツコツやっていくタイプの三宅さんだったら、どうにか初心者でも「歌舞伎的なこと」がある程度できるだろう、って見込まれたのかもしれない。

 

詳細はよくわからんが、近年「滝沢歌舞伎」に出ていた三宅さんの様子をみていた松竹のお偉いさん(副社長?)が、今回のゲストに三宅さんをオススメしたらしい。

 

たしかに…なんちゅーか、歌舞伎の動きとか衣装とかメイクとかとてもお似合い。

 

三宅さん、もっと和モノの踊りもやったらいいのに…と思いました。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190226211607j:plain

(春って感じ。美味。やっぱ天ぷらには塩が好きなんじゃ~。)

 

羅生門」を通して人間のエゴイズムを描きたかったらしいけれど、その葛藤の深さが…うーん。もうちょっとその辺りを掘り下げたやりとりつーか会話とかあってもよかったのではないのですか?って思ったりもしたのですが、あまり深刻な部分を長々やるよりも、飽きさせずにどんどん展開していって、派手な見せ場をしっかり魅せるって形にしたかったの? 歌舞伎初心者に向けて? なんてことを思った。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190226223316j:plain

(結論として、私はポテチをこよなく愛しているということがこの日改めてわかった。)

 

 

友人Mちゃんとは、この日が今年初だったので「あけおめ」を唱えながら乾杯をした。

 

2月突入から(もっと前からかも)自分はずっと気持ちが落ち込む一途だったこと、舞台その他思いつつくままの色んなことをMちゃんと話していたら何だか気持ちが軽くなっていくことを自覚した。

 

はー。

お友達と話すというのは元気が出るものだ。

 

「舞台とか観に行ってる場合じゃないのにな…ああ…」とか思いながら、楽しいメタ歌舞伎を観て、お友達と飲み食いしてしゃべり倒して本当によかった。

 

元気でた。つーか、とても元気がなかったことに気づいた。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190226222935j:plain

(珍しくMちゃんがデザートも頼んだので、ワシもちょっと食べた。美味。)

 

これからは定期的にお友達と会う予定を入れていこうかなって思った。

 

思った途端、3月にはひっさびさのお友達と会えることになった。

カミサマ、お友達…ありがとうございます。

 

 

個展とか。

数日前から、久々に知人のギャラリーで個展をさせていただいている。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190309154557j:plain

 

今回、複数のテーマ(プールとか枯れた花とか…)の作品を、とくに小さめのものを多めに用意したので、わざとばらつかせて並べてみた。

 

この搬入・陳列の一日前にはF100号1点の新作の搬入(運んだのは業者なんで引き渡しはさらに2日前だったけども)だったので、時間的につらくて…とってもつらかった。

 

直前には実家の青色申告の件でもいくつか不測の事態が急に起こって、結構時間というか日が奪われる予定外の流れにもなって本当につらかった。

 

もともとタイトなスケジュールになっちゃうな…と思ったものの、F100を出す方の展示と会わせて同じy-hamaのギャラリーで作品展示をすると、ハシゴで来てくれた人が以前の個展の時に複数いたので、この時期に「えい!」と思ってやってみた。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190306195938j:plain

(個展陳列作業終盤、既に開店してた時刻、会場の飲食店ギャラリーの近所の常連さんがやってきて「お母さんにもらった。息子が外食になったから余った」と言って、ワタシにくれた。胡麻がたくさん入っていてほんのりと柚子の味がして米の一粒一粒に存在感があって揚げの濃さが丁度良くて大変美味しかった。ううう。)

 

個展、準備も大変だし、新作を並べたいと思いつつあまり用意できなくて、近年他で展示したものが主になってしまったし、前回「もう一つの展示とハシゴで来てくれた方」にも不測のことが起きたりして来れなくなったりだったし、うーむって感じでもあった。

 

でも、まあ、とにかくたまに「展示する」ことにしないと何だか頑張れない気がして、「この時期に個展をやりたいです」って数か月前に自分からギャラリーに言っちゃったのだった。

 

実際はほとんど新作の制作に頑張れていなかったわけだが。

 

F100の方の新作も何やらしんどくて頑張り切れていないまま出した。

実はコレは、戻ってきて加筆して8月に出して審査を受けるってのが目的のものだ。

それにしても、うーん、て感じだ。

 

が、展示してしまったものはもうしょうがないので、加筆がんばろう。

 

細かいことに言うと、このあと油彩で更に描き進めていきたかったけど、搬入業者に渡す日までに油は乾かないな、って思って、去年乾いていない油についてうーんと業者さんから苦情を言われたので、相当あっさり油彩の段階に入るのを諦めてしまった。

 

でも、そのヘンの判断の結果、2月中に無事実家の青色申告も済ませられたので、もうよし。加筆がんばろう(2回目)。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190309154615j:plain

 

個展は、展示し終えた後も「この絵の額変えたら?」とか諸々あって、日をおいて再びギャラリーへ。

 

会期中に少しは団体客をお呼びしてギャラリーに貢献せねば…という事の算段なども少し前からしていたのだけど、そんなやりとりも細々と重ねているうちに、なんだかちょっと鬱々とした気持ちに。

 

個別の友人とのやりとりは楽しいのだけれど、バレエ関係の団体さんになった方々との連絡はなんでたくさんすり減るのだろうか。関係性として友人まで行かないため気を遣うからか。元々気を遣えないタチのワガママ者だからか。元々あまり人と口もききたがらない非常に無口なタイプであったからか。うーむ。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190310161403j:plain(ギャラリー常連さんからのお土産を、ギャラリー店主さんがくれた。えーと、お土産物の中ではすきな感じ。チョコが好きだからか。)

 

個展準備と同時期の大作(F100)準備と青色申告絡みの予定外の事柄等のせいかのか、気づけば2月中にメキメキと気分が下降していたようだと、本日、人と文字でやりとりをしていて気が付いた。

 

そういや随分前に病院でくれた「ウツウツした気持ちに効果ある漢方薬」を、冬になって飲みたくなって家に結構在庫(?)がある事を思い出して飲んでいたものの、2月になってストックがなくなってしまって飲んでいなかった。

 

もしかしてこの漢方、結構いい仕事してたんじゃろうか。飲まなくなって、忙しさも相まってメキメキとしょんぼり方向へ突き進んでいたのだろうか。

 

まあ、元来ウツウツした気質の人間だったように思うのだけれど。子どもの頃とか。

が、オトナになって親元を離れてからはそれほどウツウツ野郎ではない。

ん?最近また親元に足を運ぶ機会があるからウツウツ気分なのか。

うむ。確かにその影響もあろう。うううううううん。

 

何はともあれ、小さな絵が、ギャラリーにたま~にくる常連さん(?)に売れた。

うれしいです。

ありがとうございます。

 

描こう描こう。(2回。)

 

 

「あの家に暮らす四人の女」三浦しをん(中公文庫)

おお、しをんさんづいている。たまたま。

 

細雪」的名前の女性四人が古い洋館に暮らすお話。

 

洋館好きなワタクシは結構前に買って積んでいて、だいぶ寝かせてから一気に読んでる場合じゃないのに読んだ。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190225235145j:plain

 

想像したよりかなりユニーク。

非現実的な描写もあってその辺も予想外。

かなり楽しく読んだ。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190225235154j:plain

 

あらすじしか知らない「細雪」を読みたくなった。相当テイスト違うと思うが。

 

でも、そんな効果もあるから、偉いヒトはこうした名作もじり的なモノをある程度高く評価するの?ってイヤラシイ事をちょびっと考えた。

 

この本の女性四人は姉妹ではないのだが、文中に「細雪」が出てきたのをキッカケに「阿修羅のごとく」が浮かんできて、朧げな記憶であらすじを思い出したがる己の脳の一部の活動がちょっと迷惑であった。

 

トシをとると集中力にかけてくるのだろうか。

単に去年までの2〜3年、ものすごく本を読む気分にならなくてあまり読まなかったせいで「読書モード」への切り替えがスムーズにいかないのだろうか。

両方か。

 

主人公の刺繍作家さんのお仕事への集中力が素晴らしいものに思えたのでした。

 

雑念にまみれすぎて我ながらうんざりな気持ち。

でも、いよいよ崖っぷちにきたので明日は集中できる予定です。

 

 

(無関係な和菓子)

 

f:id:Strawberry-parfait:20190221180719j:plain

 

グループ展参加中の居酒屋ギャラリーに自分の作品展の案内ハガキを持って行ったら、自分も顔見知りの常連のお客さんがステキなものを持ってきて、御相伴にあずかった。

 

20歳頃まではアンコを受け付けない舌であったが最近わりと大丈夫。

わがままな事を言うと美味しいヤツだと大丈夫。

これは美味しく食べられた。

 

こう書いていて…何やら大変ワガママもので何やら申し訳ない。

 

でも「美味しい」を連呼して食べてるワシは店主の長年の友人。

差し入れ人は店主に対して点数を稼ぎたい諸事情があっての事なのだ。

 

つまり、私がよろこんで平らげた巡り合わせは常連さんにとってはまあよかったのではないかしら。

 

何だかおまけの食べ物について、おまけ範疇を超えて長々と綴り過ぎ。

まあいいか。

 

 

今日も中華。

過去の同僚が道を踏みはずしそうだぜ、って言い訳もできたので呑んだくれてきました。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190224002654j:image

 

今週も色々突発的に予定が諸々変更になったので、予定より明日からピンチのようでござる。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190224002941j:image

 

でも今週は「進路に揺れ動く元教え子ちゃん」と長く話せたし。

今日もLINE介して実技指導できたし。

 

もう1人の美術部出身者にも、学習意欲に火をつけてみたっぽいし。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190224003216j:image

 

棒餃子も絶品だったし。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190224003259j:image

 

棒棒鶏も絶品だったし。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190224003337j:image

 

若い娘にとても主体的にふらふらするおっさんから、後輩を守ったっぽいし。

 

まあ、よし。

 

無職なのに仕事したー!!

 

ちょっと前に食べた中華とか。

以下、最近の備忘録。

 

久々に行ったお馴染みの中華屋さんで麻婆豆腐その他を食べた。

f:id:Strawberry-parfait:20190126170754j:plain

(うえ~い!)

 

相変わらず美味すぎだったので調子にのって飲みすぎて、翌日眠くて眠くてイロイロ反省した。

呑むときは翌日の予定をしっかり把握し、アルコールと同時にもっと水を飲むべきであるぞ、ワシ。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190126170835j:plain

(一応、緑色のモノも食べてみる。良心?)

 

この一年弱、月イチくらいで会うようにしている同級生から「次、三人でいつ会う?」って連絡がきたんで、スケジュールを互いに述べあってまとまったところで衝撃のお知らせ。

 

「夏ごろ離婚予定です」

 

えーーーーっ。半年も前に決まるもんなのー???

 

いやいやいやいや、アンタ、もう一人の友人が寝たきりのダンナから相当なパワハラ受けてるのを心配してそれとなーく離婚も視野に入れるようにオススメしてたけども、自分が先に離婚するんかい。ん? 先に? そこは、ま、いいか。

 

 

f:id:Strawberry-parfait:20190126171718j:plain

(ビールぐびぐび。)

 

よく聞いたら10年前から検討してて4年前に離婚届記入してたって長期プランだった。

じゃ、まあよく考えたんだろうし、ま、いいか。

 

思えば中高から付き合い続いてる友達の離婚は2人目。

1人目は今回の子とも親しい子。類友? いや違うか。

 

ただでさえ既婚の友人が少ないのに、最近友人の独身率が上がっていくぞ。

 

ま、既婚でも独身でも幸福とは関係ないからな。そこはどうでもいいよな。

どっちの御身分でも結構わがままなワシに付き合ってくれるもんね、皆様。

とにかく今後ともお友達を大切にしよう。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190126175231j:plain

(裏メニュー。)

 

うら若きバレリーナちゃんから「くみちょうさんはやっぱり朝は得意ですか? 主婦だし」って聞かれて、はたと気づいた。

 

あれ? 「先生業」を停止させていただいて約一年。起きる時間は1時時間くらい遅くなったのに相変わらず朝起きるのが結構ツライぞ。

 

「いや全然ダメ。スヌーズ機能使いまくって、何度も止めて、最終的に起きるべき時間をメッセージ表示させてて必死に起き上がる」と即答。

 

「トシとってくれば朝起きれるようになるっていうよね? いいかげんそうなってくるんじゃないかってずっと待ち構えてるんだけど」って、ワシのおよその年齢を知るかわいいバレリーナちゃんへ不満を述べたら

 

「いや! それはまだまだ先でしょう!」って笑われた。

 

え? だってV6のリーダー坂本くんは確かもう40歳前くらいからどんどん早起きになってきたって言いまくっていた気がするんだけどな! 無駄に朝早く目覚めちゃうって。その話聞いてからずっと自分も早起き体質がやってくるのを待ってるんだけどな。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190126175319j:plain

(たまに思い出したように野菜を食べる。良心?)

 

でもそうだよな…。ギフが意味なく朝早く目が覚めちゃうって言ってたのも定年した頃の話だし…。坂本くんが異様に早めに早起きになっただけなんじゃないかな…。

 

ああ…でも、先生達ってみんな結構寝起きいいっぽいんだよな。当たり前か…。学校って早いもんな。生徒は家近いけど先生達は結構遠いし、朝の打ち合わせだってあるし…。

 

って、早起きについて考えているだけでちょっと憂鬱になってきた。

なんちゅー!(なまけもの!!)

 

てなことを考えてたら「卒業式の御案内」が来た。

1,2年次に教えた子達だ。行かねば。寝坊厳禁じゃ。一日だけだし、がんばるぞ。

忘れずに目覚まし機能をセットじゃ。まだ相当先だが。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190126191948j:plain

(みたままに美味い。)

 

しばらく続いた簡単な筋トレをさぼりだした。やはり努力が続けられないタイプ。

相変わらず絵の制作も「コツコツ」とはいかない。

もう一気に必死に描き上げねば「いかーーーーーん!」という事態だ。

 

そろそろ開き直ろう。

地道に努力できないタチなのだ。ギリギリにならないと動かけないタチなのだろうか。

筋金入りのなまけものだ。

 

したくないことできないし。

反省しても治らない。どうやら体質のようだ。

体質改善て言葉もあったな…。いやでも改善できないっぽいしー。

 

f:id:Strawberry-parfait:20190126201020j:plain

(ぷるぷる。)

 

考えても特にうまくいかないタイプなんじゃないかな、って最近なんとなく思う。

 

きっとそういう人もいるんじゃないかしら。

 

考えなくても美味しいお店はわかるので…多分まあよし。