じゆうちょう。

美術展やら食べた物やら気の向くままにかいてます。

熊谷守一 生きるよろこび(東京国立近代美術館)

先週末行ってきた。

 

f:id:Strawberry-parfait:20180114104225j:plain

 

よく知られている「くっきりアウトラインの画風」に辿りつくまでのものや、時期は被れど「あの画風」以外の作品なども結構あり、そしてそれらの中に「よく知られてた画風」との共通性がみてとれたりもして、そんな意味でもおもしろかった。

 

「あの画風」もとても好きだし、今回たくさんあった「あの画風」のさまざまな作品もとってもいいなと思ったのだけれど、一番心に残ったのは輪郭線のない一枚の油彩だった。

 

「白い蝶」というタイトルの小さな絵で、青みがかった緑が四方の淵をわずかに残して板にややラフなタッチで塗られている、その空間の絶妙な位置に白い蝶が飛んでいた。

 

なんだか無性に感動した。

でも、どこにひかれているのかうまく説明できない。

 

色がものすごく気に入ったわけでも、構図がたまらなくいいと思ったわけではない。

いや、色も構図もわりと好きだけれど、そこに感動したわけではないことは自分で理解している。

 

ただ飛ぶ蝶を、それだけを描いている世界に感動したのかな?

少ない手数で厚みある絵の具なのに、蝶の軽やかな儚げな感じが描き出されていることに感動したのかな?

うーん。そこもいいなとは思っている要素ではあるんだけれど。

 

 ただ緑の中に、色のない脆そうな命が孤独に羽ばたいている

 

その情景が描かれているという状況に感動した、って感じなのかな~と思った。

 

とにかく何だか久々に絵をみて強く感情を揺さぶられたと思った。

絵っていいんだなぁと思った。

 

そう、絵が描きたい。

いや、まあ、その後ちょうどデッサン会だったんで、人物描いてきたけれど。

じっくりと作品が描きたいなぁと思ったのでした。

 

 

(おまけ)

f:id:Strawberry-parfait:20180111190345j:plain

いつもの友人の居酒屋ギャラリーで、「日本一辛い黄金一味」。

辛い物は苦手なので、ものすごくちょびっとだけつけて食べた。

f:id:Strawberry-parfait:20180111190334j:plain

ものすごーくちょびっとでも辛いし美味しかった。

ちゃんとしっかりつけて食べると汗だっくだくになるらしい。

 

以前店の近くに住んでいて今は関西在住という常連さんが、ついでがあってこちらへ来た時に置いて行ったお土産物。

 

ホントは自分も会うつもり満々でその日に店に行こうと思っていたのに、正月からひき始めてた風邪が治り切らず断念。

本人に会えずにお土産だけ味わったのでありました。

 

神戸で食べた肉など。

神戸に行ったのは前年12月下旬。

 

詳しい旅の記録を書きつけたいのだけれど、なんだかそうは問屋が卸さなくて、2018年早々、風邪をひき長々と臥せっていた。虚弱?

 

神戸に行ったのは、昨年夏に描いた大きな絵が、そっちの美術館で展示していただけるということで、他にも(お寺に年会費をまとめて納めたりとか)ついでがあったため、ちょっと旅立っちゃうことにしたのであります。

 

で、友人Mちゃんのお友達がオススメしてくれた店の前で、Mちゃんと、こみちさん(id:kazenokomichi)や絵描き友達のJくんと現地集合。

 

f:id:Strawberry-parfait:20171223113253j:plain

ステキ気な店でランチでござる。

 

f:id:Strawberry-parfait:20171223115039j:plain

ぎゃー。

コレだけで泡(スパークリングワイン)が進むよね!と思いながら、夕食の事も考えて、必死にゆっくりと喉をうるおしました。

 

f:id:Strawberry-parfait:20171223115056j:plain

このフォカッチャの美味しいこと!

横についてきたオリーブオイルがまたとんでもなく美味い!

これあれば一晩中ワイン飲んでいられるよね!

 

でも夕食のことを考えて、おかわりをぐっとこらえました。

おおなんて理性的。どうやら私もだいぶトシをとってきたようです!

 

f:id:Strawberry-parfait:20171223120832j:plain

ランチタイムのスパークリングワインはお安くて美味しくて、おかわりしたくなるのを、このスープをゆっくり飲みながらぐっとこらえる。

 

なんかこらえてばっかだな。

いやいや、こみちさんやJくん、Mちゃんと楽しく話もはずませているんですよ。

ほんとに!

 

f:id:Strawberry-parfait:20171223122230j:plain

うひひひひひー。

肉だよ~。

国産黒毛和牛のステーキですよ。

いや~赤ワインのみたーい、という欲望をおさえる。

だって、このあと、久々の貴重な再会も控えておるのだし。

 

f:id:Strawberry-parfait:20171223125239j:plain

もちろん、アイスも美味しかったでござる。

 

いやー、また行きたい。

次回はやまほどフォカッチャおかわりしたい。

ぐいぐいワインのみたい。

 

今回は叶わなかった、この付近にある雑貨屋さんも巡り倒したい。

 

さて、この後、三人とは一時お別れ。

大学時代の美術科の先輩とお茶をして、久々にモロモロ情報交換。

 

三名様との再会は、自分の絵が展示されてた美術館ロビーにて。

ココになんと、ryoさん(id:ochi_cochi)とも待ち合わせ。

いえーい。

 

近頃、はてなはお休み気味(おいおい、人のこと言えないよ)のryoさんはすこぶるお元気そうでした。

相変わらず、王子のような笑顔。

多分、ryoさんて心身とも時間を超越しているタイプで老けない系なのだと思う。

 

五人で美術館を徘徊して、建物敷地内にあるカフェへ。

f:id:Strawberry-parfait:20171223154951j:plain

不気味な横尾忠則グッズにのった抹茶ロールは、Mちゃんが注文。

大きく一口もらいました。なかなかおいちい。

アイスものっててお安くてお得。

だが、この皿はどうなのか、という件でしばらくもりあがりました。

 

f:id:Strawberry-parfait:20171223155021j:plain

コーヒーカップは更に横尾ワールド全開で、ビミョーな気持ちに。

 

あ、でも久々の再会で話は楽しくはずみました。

 

やー、楽しかった。

 

この後は、なんと、こみちさんとMちゃんと京都に向かい、ホテルに荷物をぽいっとやって、予約を入れていたこみちさんオススメのお店へ。

 

その食べ物写真はまたの機会に…。

いつなんだ…。

 

明後日から仕事再開。

通常業務以外の業務がもりだくさんの時期なので、多分また気持ちも落ち着かない日々で、はてなを書くことは少ない予感。

 

でも、この生活も三月半ばまで。

そんなのほんのすぐじゃん、と常識的には思うのだけれど、まだまだすごく遠い気がしている。

いろんなことを思うのだけれど、とにかく三月下旬が待ち遠しい。

 

そういや、この神戸から京都移動中くらいに、V6オタ界隈お騒がせ事件(?)をちょうどTwitterで認識していたのだけれど、わざわざMちゃんにお知らせすることもせず、たのしい旅を過ごしました。

 

この件についても少しは書きたいんだけど、書いている時間は今のところない。

でもちょっと書きたい気持ちはあるんですよ。

 

こういうのって、「時間がないって言って書かないのは結局書かなくてもいいって程度のこと」って解釈も聞くけれど、自分はわりと延々といつまでも「書きたいぜ」と思い続けて、ものすごく時間が経って書いたりするタイプなので「いやいや、いろんな人がいると思うよ」という意見をもっているタイプです。

 

そんなふうに書きたいこととか描きたいものが降り積もっている。

ハートランドの生とか。

仲良しのバレエ友達と週末、レッスンの後にランチに行ってランチビールでハートランドの生をのんだ。

 

f:id:Strawberry-parfait:20171219075050j:image

 

ちょーうまかった。

 

一緒にいて楽しいと感じる人達と同席してるという状況も相乗効果としてあると思うが、基本、ハートランドが好きなんだと思う。

 

ラガーも一番搾りも好きなんだけど、なんだかハートランドはしっくりくる。

 

自分に「合う」って感じ。

 

「合う」ってあるよな、何にでも。

 

いろんな要素はもうたーくさんあるんだけど、とにかく今の仕事は自分に大きく「合わない」所がある。

 

しんどいよう。

 

年内あと3日。

「たった」じゃない。

3日、長い。

 

年明け3ヶ月。

3ヶ月、長い。

 

イイトシになっているのに時の流れが本当に遅い。

しんどい。

 

春、きてくれ〜〜。

ラッキータイムのビールとか。

先週、めったにいけないバレエのクラスに行ったら帰りに友達2人にビールに誘われた。

 

「7時までラッキータイムで飲み物半額なの」とのこと。

 

あと25分じゃん。と急いで入ってラージサイズを注文。3人で乾杯。はしゃぐ。

 

f:id:Strawberry-parfait:20171212074954j:image

 

7時を5分も過ぎてたのに「ラッキータイムのラストオーダーです」って言ってくれたので、二杯目も注文。ラージサイズ。

 

もうめっちゃ楽しくなって盛り上がる。

単純。

 

はしゃぎ過ぎた反動で翌日朝からローテンション。

 

よくこうなる。はしゃいだ次の日、気分が落ちまくる。

折角その日の夕方には久々にゆっくりしゃべろうと会った学生時代からの友人との時間だったのに、イマイチ気分が低いままだった。

うーん。

 

 

週末それなりにいろいろやって楽しく過ごしてみたりしても、仕事始めの朝はとてつもないローテンション。

 

いや、これは世間みなそうなのかな?

いや、でも、今の仕事以外の職種の時はイチイチ仕事始めの曜日にこんなに気分が底辺になることはなかったのだが。

 

上がったり落ちたりがとても激しい。

落ちてる時がとてもしんどい。

 

このしんどさをくり返す生活の終わりが来ることを切に願うのであります。

肉のはいった弁当など。

血液型占い? くだらねー。人間が4パターンに分類できっか。

大体血液型あてられたことねーぞ。

 

と言いながら「血液型ダイエット」の表を夢中でみていたバレエの先生にいつのまにか感化されたらしく、気が付けば

 

「ワシには牛肉がいいらしい」と牛肉がのった弁当を買っていた。

 

f:id:Strawberry-parfait:20171127175859j:plain

(たいそう美味しゅうございました。)

 

だって、朝から健康診断のために空腹をかかえて放浪して、その後もいろいろあってしんどかったのですもの。今日だけゆるしてくれ。

と、いいわけをしたのに、

 

その翌日の晩、「もうダメだ…」と心の中でつぶやきながら

f:id:Strawberry-parfait:20171128184708j:plain

ヒレカツとかメンチとか海老フライがのってる弁当を買っていた。

 

(メンチには醤油をかけた。うまし。海老ふりゃあとヒレカツにはソースだ。うま。)

 

おいおい。

豚肉はワシの血液型的には好ましくないのではなかったか。

 

やっぱ血液型で分類ってところが信じてないんだな。

 

くいたいもんをくっていこう。明日死んでも悔いないように。

 

でも、まだやってみたいことのためにやっぱり久しぶりに減量もしていこう。

10ヶ月計画で。

21歳のときの体重にもどす。

 

なんで健康診断では「20歳から10kgふえましたか」って聞くのかな。

そこからはそんなに増えてはいないのだ。

でも21歳時と比較するとちょうど10kgくらいふえているよ。

20歳より21歳の時の方が減量されてることあるよね。

 

よし、明日明後日くらいは控えめに生きて、週末は友人Mちゃんとまめさんと美味しいモノを食べるのだ。

 

あれ?

 

とりあえず、明日もツラそうだけど、なんとかのりこえよう。

来週も再来週もその先もあるけど。

 

とにかく3月下旬がくるのを待つのだ。

ツラいばかりではないのだし、とか考えてみてもツラいところはツラい。