じゆうちょう。

美術展やら食べた物やら気の向くままにかいてます。

「TOP HAT」(シアターオーブ)

坂本くんと多部ちゃんのミュージカル、友人Mちゃんとうっきうきで行ってきた。

 

f:id:Strawberry-parfait:20181113130308j:plain

(雑な撮影ですみません。)

 

いやー期待以上にすんばらしい舞台だった。

想像の3倍くらい面白い本で、想像の3倍くらい全キャストの芝居もダンスもよかった。3倍ってなんだかリアルなような適当なような。基本いつも適当。

 

坂本くんも期待以上。え?そんなに期待してなかったのかって?いやそういうわけじゃないんですけど、基本的に用心深いタチなので。ん?

 

やー、やっぱり坂本くんの歌声はよい。そしてコミカルな芝居よい。

一年前のV6コンサート中に足が不調だったとかって情報で暗い気持ちになっていた事なん夢だったのかも。(夢ではない。ヘンにSNSで騒がれていたので本人がラジオでも正確なことを言及していた。)

 

昼公演終了後、興奮したままMちゃんと明るい時間から乾杯した。

 

f:id:Strawberry-parfait:20181113165048j:plain

(泡~。)

 

制作発表時には「不安しかない」的なコメントを暗い顔で言っていた多部ちゃんだったが、流石の多部ちゃん、終始堂々と明るくやりきっていて素晴らしかった。

ダンスも及第点…とか言うと偉そうすぎるか。まあいっか。

 

「あの肩の上にふわふわしたのがついてると、うっかり途中で肩が上がっちゃってもばれないからよい衣装だよね」とか酔いにまかせて暴言をはくワシ。

 

f:id:Strawberry-parfait:20181113165040j:plain

(お通し。「全部召し上がって大丈夫です」という言葉に笑っていた我々だったが、最終的になくなった。飲みすぎ。)

 

男性ダンサーの群舞をみてて「こんなに身長が揃えられないのが日本だよなって思ったんだけどさ、あの小さい人、すごくよかったね」という発言にはMちゃんも大きく同意してくれた。

 

でもまあ、小さくてもものすごく上手ならアンサンブルじゃなくて主役をもぎとって踊れるんだけどさ。吉田都さん的に。ってそれはバレエだけども。

 

f:id:Strawberry-parfait:20181113165414j:plain

(美味い~。泡に合う~。)

 

そして初めてみた屋良くんはものすごく面白かった。

ま、ものすごくおいしい役なんだけれども、ダンスが美味いって話は聞いていたが今回ダンスのシーンはないと聞いててちょっと残念と思っていたものの、「え?芝居だけでいいのでは?この人?」と思ってしまった。

 

「それにしても屋良くんてあんなに小柄だったんだね」ってMちゃんとほぼ同時に言ってしまった。

 

そしてついつい「や~坂本くんは本当にスタイルがよいよね」ってまた二人同時に言う。

やっぱ舞台だとスタイル大事だよね。たとえ小柄でも頭身大事なんだね。

 

なんちゅーか、屋良くんて結構頭も大きくみえて、それがまたコミカルさを増幅して今回の役柄にぴったり!とは思ったのだが、今まで写真でみてた時のあまりにも二枚目な顔とのギャップが激しくて、登場してからしばらくはその衝撃がずっと私の脳の片隅について回っていた。我ながら異常な頭身気にしすぎ野郎である。

 

f:id:Strawberry-parfait:20181113165732j:plain

(サラダとか頼まずにじゃがいも食べてるダメ人間。美味かった!)

 

ぶっちゃけMちゃんは私に誘われてV6のコンサート等に行くようになった頃、薄くカミセン(←年下の三人を指します。もうみんなアラフォーだが)のファンだった。

今では薄くもないが。

 

だがこの日「TOP HAT」を観て坂本くんの素晴らしさについて延々と語り合ううちに「ああああ~。私はどっちをイチオシだとすれば良いのかしら~」とMちゃんは頭をかかえていた。

 

うむ。その気持ちわかるぞ。

V6メンバーの個人仕事、何が何でも観たい!って強く思うのってかなり坂本くんのヤツなんだよね。

我々が過去、行けずに未だにしょんぼりした気持ちになるのも坂本くんが一人でやったミュージカルナンバーのコンサート。

 

f:id:Strawberry-parfait:20181113171900j:plain

(たくさんあるパエリアの種類の中から、この日我々はとても気が合っていたようで「イカ墨にしよう!」とココにさくっと落ち着きました。猛烈に美味かった。ワインとイカ墨、合うよね?合うよね?)

 

うちのオットは結構な多部ちゃんファンなので、この日、「TOP HAT」に行くことを事前に伝えたらちょっとショックを受けていた。とMちゃんに伝えた。

 

「多部ちゃん、すごいかわいかったね。ダンナさん(←本当は大抵は私と同じくあだ名で呼んでいる)観たらよかったのに」と鑑賞後の最初にMちゃんは同情(?)していた。

確かに。「でも最近ますます忙しくて、こんな3時間弱の舞台を観ている時間はない」と切り捨てるワシ。

 

f:id:Strawberry-parfait:20181113190234j:plain

(浮かれすぎて更に赤のボトルを頼むワシら。完全に飲みすぎ。テーブルのシミも気にせず撮っている。しかもこの時チョコレートのケーキかなんかも一皿頼んで二人で食べたぞ。なんでケーキの写真がないのじゃろ?美味しかったのになあ。)

 

そうそう、浅野和之さんもやっぱよかったなー。

高校時代みた夢の遊民社を思い出して時の流れにぎょっとしたのでありました。

 

f:id:Strawberry-parfait:20181113182814j:plain

7階からの眺めのせいで多分飲みすぎたのだ。

景色がよいと浮かれが増幅されるタチ。

 

渋谷も時と共にガンガン変わるから近頃しっかりグーグルさんで確認してから歩き出すようになった。

 

「TOP HAT」、元々は1936年日本公開の映画なんだよなー。

でもすごく楽しめる。

三宅くんの舞台「二十日鼠と人間」の原作小説は1937年。

でもテーマ的にかなり面白く感じられる。

 

普遍性があるってコトなのかしら、なんてことを思いながら現実に帰ってきた。

ピエール・ボナール展(国立新美術館)

絵描き友達に誘われてボナール展行ってきた。

 

なんか昔々もボナール展って行った記憶だったんだけど、当時はボナールと言えば裸婦?って感じで水浴してる裸婦の絵ばっかりじっくりみた記憶。

(ロフトのどっかに図録があると思うのだが探す気力がない。)

 

(ま、多分当時は学生時代で自分の論文テーマにしている事と関わる部分のコトばっか気にした偏った視点で作品をみていたせいもあるのやもやも。)

 

今回、裸婦以外で「うおー、いいじゃん。好きじゃん」って作品がいっぱいあって、行ってよかった。

 

f:id:Strawberry-parfait:20181106161404j:plain

絵ハガキからのざっくり撮りで恐縮です。)

しぶい。

落ちつく色調だー。好きだー。

縦長な感じが日本的な感じ。

そうじゃん、ボナール、ナビ派じゃん、とか今更なことを思い出す。

 

f:id:Strawberry-parfait:20181106161334j:plain

これ。興奮した。すてき。すき。

なんなんだよ。

なぜか若冲の鶏シリーズを思い出す。

 

そうそう、浴室の裸婦とかと違って、暗い色調の室内の様子を描いた小品もたくさんあって、「へー、こんなのもあるんだ~」って新鮮だった。

(単に前にもみてて忘れてるだけかも。やっぱあとで昔の図録をさがそう…。)

 

f:id:Strawberry-parfait:20181106161132j:plain

(ちらし?からの雑な撮りで恐縮です。)

 

この足長猫、超気に入った。笑った。

 

f:id:Strawberry-parfait:20181106161557j:plain

ついつい手ぬぐいも買っちゃったもんね。

思う壺だもんね。いいんだもんね。

 

f:id:Strawberry-parfait:20181106161433j:plain

ボナールのこういう感じのは初めてみた。

線をみて、ちょっと高橋葉介(←子どもの頃から好きなマンガ家)を思い出した。

つまり線的に好きってことなのかも。

 

明るい色調の風景とか、でかい風景の中の人々の絵とか、結構いろんなタイプの作品があった。

f:id:Strawberry-parfait:20181106161502j:plain

特に好きだ~と思ったのはコレ。珍しく青。

やっぱ青が好きなんかもな、と、しつこくこの日も考えた。

 

f:id:Strawberry-parfait:20181106161044j:plain

思わずクリアホルダも買った。

最近ちょっとクリアホルダ足りねーぜ、と思ってたので躊躇はなかった。

 

やー、なんかボナールのイメージ変わった。

行ってよかった。

ありがとう、誘ってくれた友達。

 

 

その後、「あんまり時間ないね」ってすげー近くの駅前の以前も入った店でパスタを食べました。

 

f:id:Strawberry-parfait:20181105113259j:plain

しらすかけ放題ペペロンチーノ。

減量中なのでしらす量はほどほどにしておきました。うんまかったです。

 

食べ放題のパンは、まあ食べ放題のパンだなって感じだったけども2種類あるうちの1つはなかなかよかった。でも減量中なので3つだけだ。ん?

おかわりナシのセルフのコーヒーを山盛り入れたらかなり満腹に。

美術展の半券でコーヒーゼリーもついてきた。

 

ランチを食べた人には会計後にドリンクかソフトクリームのお持ち帰りがある。

f:id:Strawberry-parfait:20181105120519j:plain

店の前でガツガツ立ち食い。

しっかりとしていて美味しいソフトクリームだった。

 

飲食店の場合「場所が良すぎるところは場所代で取られるし…」と思ってしまうのであまり駅前の店に入りたいと思わないタチなのですが、ココは「時間がないし、まあいっか」って思える店だよな、と改めて思いました。

 

 

 

「二十日鼠と人間」東京グローブ座

三宅さん主演舞台を久々にみてきた。

 

学生時代はよく舞台を観るタチだったと思うのだけれど、トシと共に金銭及び時間の節約生活の影響で、最近ホントV6関連と舞台の仕事をしている友人関連の舞台しか見ていないので、舞台自体久々。

 

あらすじを2行くらい読むだけで悲劇の香りばんばんのお話…悲劇は好きじゃないんだよなあ。古典は別枠だけど。

でも、もうスタインベック(原作)もある意味古典?(おいおい古典の意義とは?)

 

いやいや、ぐだぐだ言わないで、4年ぶりの三宅さん主演舞台ですし、ジャニーズの手に落ちる(表現に問題が?)前からグローブ座のファンなので、喜んで申し込ませていただきます、とチケット取って行ってきた。

 

f:id:Strawberry-parfait:20181023131508j:plain

 

舞台前に原作は読まない派。読まなくてもあらすじ読むだけで結論の想像はつくなぁと思いつつ、観劇直前のラヂオで三宅さんが「原作を読んでから観ていただいてもよいかと」というような発言があったので、ふらっと本屋に寄ってみたが、めっきり売り場の狭くなったy-hama駅の本屋に在庫があるはずもなく…アマでお取り寄せするほどの日にちすらなく、結局未読で観てきた。

 

とてもわかりやすい舞台で、伏線も丁寧。すべてが予想どおりに進む。王道。

 

演出の鈴木裕美さんと三宅さんが組んだ過去2作の舞台も、そうだったな、と観ながらちょっと思っていた。

 

一般的に物語というものをそれなりに読んだことのある人間が観ている分には、意外な展開はどこにもない。そこも自分の予想通り。

 

そうそう、ワタシはやっぱり物語のどこかで驚きたいタチなんだな、と改めて思った。(だからミステリファンなのか?)

 

二十日鼠と人間」はすごくよい舞台なんだろうな、と思った。役者さんも皆さんよい。演出も奇をてらうことなく丁寧でとてもよい。

泣ける(いや、泣いてないけど。心は泣いています)。

 

終盤、さまざまな苦しそうな表情をよくみせる三宅さんを観ながら、「うーむ。やはり三宅さんには悲劇が似合うのかも」と思いました。

クライマックスの泣き顔も本当に絵になる。

そら、演出家はこの人にこんな役をさせたかろう、と納得してみたり。

 

三宅さん、4年前のストレートプレイ「炎立つ」を観た時にも「苦しむ三宅さん、似合うなあ…」と思ったことも思い出した。

あっちの役の時の方がより狂気をはらんでいるので個人的に面白かった。

ま、あれは何より平幹二郎が猛烈で面白いんだけど。

 

そうそう、三宅さんは狂気をはらんだ役がみていてとても心ひかれる。

昔々、深夜にテレビでやっていた「演技者。」の「14歳の国」の三宅さんをみて以来、三宅さんにはずっとそれを求めているのかもしれないと思う。

 

一見普通そうにみえて、全く普通ではない、流れから予想だにしない行動に出る、でももう一度振り返った時に、その予想外の展開も全くありえない流れではないのかも、とも思える目立たない伏線を思い出すことができる、そんなお話が個人的に好きなのやも。

 

そこに狂気をはらんだ登場人物がいるタイプの舞台とか、とても好きなのやも。

劇団演技者。」の「雨が来る」の三宅さんもよかったな。

 

三宅さんは、過去のテレビドラマやらダンスの変遷をみていても、あまり器用なタイプではなくコツコツ努力型なのかな?と思うので、稽古の重ねられる舞台はそういう意味でもよいのかもしれない。とは思うものの。

 

映画、映画やってくれませんかね。(言霊)

 

 

(無関係なおまけ)

f:id:Strawberry-parfait:20181020144632j:plain

観劇翌日に中目黒で食べたお蕎麦。

うんまかった。

久々にレジでげーのーじんを目撃。流石おしゃれたうん中目黒です。

 

この蕎麦をたいらげる前に「足りないわ。せいろ追加したら、くみちょうちゃん半分食べてくれる?」とバレエの先生に言われて、イエスとしか返せなかったので、蕎麦はこの1.5倍食べました。

 

先生…「痩せてね」って言いながらワシにちょいちょい食べ物を与えてくださるのはどうしたことでござりまするか?

「日中食べて、夜は控えめにしなさい」ってコトですか?

 

がんばります。

 

牛肉もたべた。

本当に肉ばかり食べている。

 

f:id:Strawberry-parfait:20181013134954j:plain

うんまかった。

「これ、ソースが美味しいのね」と一緒に食べていた方が言った。

 

一緒にいたバレエの先生はなんと、これと同じランチセットを半分食べた頃、追加で別の牛肉を一皿追加注文した。

 

似たような見た目だったが、追加の肉のソースは違う味。

「最初のソースの方が美味しい。くみちょうちゃん、こっちのソースで食べるといいわよ」といつのまにか半分私も肉を追加で食べることになっていた。

 

肉三昧。だが、別にライ〇ップってるわけではない。いや、糖質は控えているけど。

 

この日はランチだし…と久々にコメをしっかり食べていたら、先生に「私、今からリハーサルだから、くみちょうちゃん私のパンも食べてね」と主食もたくさん食べてしもうた。まあ、いっか。昼だし。

 

夏から減量しようと思っていたのに、どうも慌ただしく最近やっとちょっとずつ減量モードに入ってきた。自分は忙しいとやせられないタチなのだ。

完治手前の足首のケアをしつつ運動量をちょっと増やして、食べるモノを厳選する。

足首ケアにも運動するのも時間はかかる。

 

特にこの食べるモノ厳選、というのが時間に少しゆとりがないとできない。なぜならば基本常に食欲旺盛なタチだから。計画的に食事をとらないとガンガン食べちゃうんだもの。忙しくて食事までの時間が空いたりするともう大量摂取してしまう。

 

どんなに疲れても、精神的に追い詰められても食欲が衰えることはあまりない。

比較的鈍感なのかな、と思う。もしくはとても胃腸が丈夫。

 

f:id:Strawberry-parfait:20181013213236j:plain

うずらの卵、にんにく醤油づけ。なぜうずらの卵はこんなに美味しいのだろう。)

 

 

話はとんでゆくのだが、青山の土地に子ども関係の施設をまとめて区がつくろうとしている話、あれ、利用する人はあんな基本的に一般利用者が多い駅が最寄りの場所ってイヤだと思う人が多いんじゃなかろうか、とちょっと思う。

 

子どもと一緒に「相談」に行ったり、DV被害で逃げに行ったり、そういうのを知人に目撃されたくないって思っているオトナ(子どももか?)は多いんじゃないかなと思うのだが。

 

こんな「ココにできるよ~」なんて多くの人に知られたらますます出入りするときに「見られてないかな」って気にしないかなあ。

 

できれば少しでも地味な駅で、少しでもいろんな人が集まってこない地域にそういう施設を地味にひっそりと建てておいてほしいんじゃないかなあ。

や、港区内で地味な所少ないかもしんないけど。埋立地とかないんかな(適当)。

 

いくつかの部署を一括した建物にして便利なのは区の公務員の方のような気も。

利用者は小さめの地味な建物であってほしい人が多くないかなぁ。

 

「いや、そんな人目を忍んで…なんて身を小さくする必要はないですよ」なんて言葉をかけてもそれは当事者の気持ちの問題だからなあ。なんて思うのである。

 

以前、大学で事務の仕事をしていた頃、大学内にある「教育相談の施設」に相談にくる不登校の子どもの保護者は、それを知り合いに知られたくないようだったし。そうしたことを含めて足を運ぶこと自体に対して一つのハードルが存在しているようだったし。

 

不登校の子の保護者、仕事でもプライベートでも何人か知っているけれど、本当に深く悩んでいるし、ゴールもわからないし、すごくすごくつらそうだ。

もちろん、当事者の子どもだって苦しんでる子が多いんだけどさ。

 

相談したいような問題を抱えてる、って人には知られたくない、って気持ちをもつ人は多いと思うんだけどな~。大通りに面してなくても、あんなに華やかな街に巨大な建物として登場しなくてもいいんじゃないかな~って思うんだけど。

 

でも、利用する人の気持ちについてアンケートをとる、とか…。

や、そんなコト気にしないのか。区の公務員も近隣住民も。

とんかつとか写真誌とか。

なんか最近肉のネタが多いような気がする。

まあ肉好きだから仕方ないか。

 

好きと言えば、(?)私は長年V6のファンでファンクラブにも入っている。

入らないとコンサートのチケットをとるのが困難なので「みてみたいな~」と思った瞬間に昔入会した。

 

V6のコンサートは大変たのしく観ごたえ聴きごたえがあったので、その後もずっとファンクラブを更新しているわけだけれど、着目したきっかけは大昔、深夜のバラエティ番組でのカミセン(←V6の年下3名を指す)…特に三宅さんのリアクションであった。

 

(当時、三人がパンクバンドを結成する目的で毎週一室に閉じ込められて、主に剛健がぶーたれて岡田くんが「ちゃんとしろよー」とか言いながら、楽器の習得に勤しむというような謎の番組があったのです。)

 

ファンクラブ入会時には「担当(イチ押し)」の人を記入する欄がある。

「え?別に一番とか決めてないんだけど、バラエティみててコンサート行ってみたいだけなんだけど」と思いつつ、最初に「この人笑える」と激しく思ったキッカケが三宅さんだったので、この時から私の「担当」は三宅さんということにした。

 

 

f:id:Strawberry-parfait:20181012112722j:plain

(東京駅地下街、黒かつ亭のロースかつ。かーさんが「行きたい」というので行ってきた。猛烈に美味かった。大根おろし+かごしま醤油、もしくは塩で食べるのが大変気に入ったでござる。)

 

さて、近頃、この三宅さんが久々に写真誌に撮られた。

女性と幸せそうにいるお姿。めっちゃよい笑顔。

「まあ…。仕事の写真じゃなくてもこんなに写真うつりが良いなんて、みやけさん、ホント近頃ビジュアル状態絶好調ですね! もうすぐ観にいく舞台もたのしみだぜ」と思った次第。

 

2015年、V6が20周年ということでテレビ雑誌の露出をふやしてもらえた時期がある。この時の雑誌売り上げが結構強力だったらしくその後も雑誌露出は増え気味のまま、以降わりと新規の若手のファンが増えているとかいないとか。

 

若い新規のお嬢さん…ファンの方々は写真誌とかにショックを受けるのかしら?

 

来年40歳になるという、ラヂオで内面のオジサン性を一切隠す気配がなく、昔から女性と公共交通機関で移動する姿等が頻繁に目撃されている、四半世紀選手のアイドルだけれど、やっぱりショックを受けるのかしら?

と、ちょっと気になってTwitterのTLをのぞきみた。

 

意外とおちついている様子。

「随分消耗する舞台を勤めている最中に写真誌とかで集中をさまたげるようなコト止めてあげて~」というような感想が多い。

 

ま、所詮Twitterは自分がフォローしている人でTLが構成されるわけだから、自分と似たリアクションとなるのは当たり前か。

 

 

f:id:Strawberry-parfait:20181012113156j:plain

(断面図。しみじみと美味かった。テレビで一瞬みて、店名をメモして行きたがる我がハハ。この美味さ。かーさんはやはり私の上を行く「食いしん坊」の才能の持ち主だな、と思った。)

 

自分のTLでは見ない範囲には、大きめのショックを受けているファンも一応いることであろう。

極力次のV6のCD売上減少につながらないとよいのだが、という事だけが少し気にかかっている。

 

だってCDの売上枚数でコンサートの日数が増減されるのだ。

減ると申し込んでも落選する可能性が増加する。リピーターが多めに申込むからね。

2015年以降、本当にチケットが取りにくくなった。

 

私はファンクラブは自分の名義で一口しか入っていないし、他の人と融通しあったり、ましてネットを使って探したりもしない。

そこまでの情熱がないのかと言われたら「そうかもね」なんだけど、まあ行きたい気持ちは強くても、他にも時間と金をかけたい、かけねばならんもんがあるので「ままならない」感じ。

 

とにかくCD売上減りませんように。祈ることはコレばかり。

 

うーん。私ってもしかして「アイドルのファン」の定義から少々ズレておるのかもしれぬ。と、今回ほんのりと思った。

 

そもそも深夜のバラエティで爆笑してコンサートに行きだした当初から、写真誌に撮られる等の話題は「どうでもよい」。ま、法に触れるようなことはよろしくないと思うのだけれど。独身が付き合って何が悪いのか。

コンサートでイノッチからの結婚報告を聞いた時にも大層うれしかった。ま、自分も結婚してるんだし、そらそっか。

全員、男性として「きゃー、すてき~」って感じとちょっと違うんだよねぇ。

 

まあ以前からうっすらとそんな気はしていたのだが、私は「アイドルのファン」濃度がちょっと薄いのかもしれない。

でも、毎年コンサートには行っているし、最近は東京ヨコハマは全落だから常に地方遠征。CDだって初回限定盤も通常版もすべて購入しておるのだが。

 

かつて公式のヤツで台湾ライブツアー3泊4日の旅に参加したことだってあるのにな。

 

行動を羅列すれば、客観的には濃度高めのV6オタと言えるのだろうか。

もう「オタ」とか「ファン」の定義、境目というのがよくわからぬ。

いや、そもそもそのような境界は曖昧なものなのであろう。

 

私はひたすら気分次第でふらふらとさまよい、観たいものを観て聴きたいものを聴くだけ。

 

来月の坂本さんと多部ちゃんのミュージカルも相当たのしみだけど、V6、早く新曲でないかな。コンサートやってくんないかな~。

 

ワンピースの主題歌は、もうちょっと何とかならなかったのか。

なんだかワンピースにもV6にもちょっとしっくり来てない気がするぞ。

作り直すことはできないのか。無理か。くー。

 

 

今週のお題「最近おいしかったもの」