じゆうちょう。

日記です。観たもの、食べたもの、読んだもの、ほか。

ポテトチップス SEA SALTなど

カルビーの見たことないポテチを見かけたので買ってみた。

 

どんなに疲労困憊してるときでも知らないポテチを見逃すことがない点は、どんなにぼーっとしてても本屋で「殺人」の文字に必ず目を止めてしまうのと似ている。

 

f:id:Strawberry-parfait:20200912152304j:image

なんか素朴な感じでよかった。

もうちょっと塩分あっても…って感じるのは自分が疲れてるせいなのかもしれないと思うのでした。

 

最近「久保みねヒャダ」の「こじらせオンラインライブ」に参戦することが多く(オンラインになってから佐久間さんゲスト以外は参加。佐久間さんも参加したかったが予定がつまりまくってた時期でアーカイブをみる時間もとれそうになかったので断念)、テレビ時代もかかさずみていたけど、改めて3人がしゃべってるの聞くのたのしいなと思っている。

 

FODにも入っちゃって、未公開部分とか月一放送になってからうっかり見逃した回とか初期の懐かしい回とか、家事をしながらiPadで眺めまくっている。たのしい。

 

つーか、エアコンなしの部屋で働く疲労が激しくて(別に毎日行ってるわけではないが)本当に家事をするのに立ち上がれないのだが、コレのおかげでどうにかなっている。

己にとっては会費を払う価値あり、って感じ。

 

で、能町さんの本は初期の2冊くらいしか読んだことがないので最近のを読みたいなと思い、確か知人の飲食店ギャラリーのカウンターの下の一角にある図書コーナーに何冊かあったぞ、と思い立ち、一冊借りてきた。

 

f:id:Strawberry-parfait:20200912153059j:image

 

街中のいろんな人の会話を聞きかじったのをネタにしたエッセイ。

私は人の会話に聞き耳をあまり立てないタチなので(他人にさほど興味がないのかも)おもしろかったです。もちろん能町さんの解釈なども。

 

でももっと最近の能町さんのを読みたいな。

そのうち読もう。という気持ち。

虹をみた。

週末、移動中に虹をみた。

 

f:id:Strawberry-parfait:20200907215452j:image

 

雨が降ったり止んだり。

 

今は出勤日は灼熱部屋で業務なので、雨は降ってくれると基本ありがたい気持ち。

 

でも台風の大雨はこないでほしいという気持ち。

 

昔より台風の大きさも夏の暑さも尋常じゃなくなってきて非常にしんどいような気がする。

 

この変化、元を正せば人類のせいなのやも知れませぬが何とか人類の叡智とやらでもうちょっと何とかできないのかな等と思ってみたり。

 

他力本願せずに己も頑張れとか思ってみたり。

もっと広く人類の役に立つ勉強をするべきだったかな等と思ってみたり。

手遅れだけど。

 

ぬか漬けとプライドポテト

以前店頭で品切れだった無印のぬか漬けが並んでたので買った。

 

以来約2週間毎日ちょっと漬けてちょっと食べてる。

 

うんまい。

たのしい。

 

でも写真とる余裕もない生活を送ってる。

 

先週から梅雨明け後のエアコンなしの部屋で仕事しているが、本当に地獄。

40人集まって、窓全開でも大して風は通らないし扇風機5台もわりと無力。

 

この事態を避けたかったので、採用面接があった3月に(休校もあったし)年間の教材3つのうち1つだけでもエアコンある普通教室(再び休校になった場合は自宅)で制作可能な教材に変更したいとその日2回頼んだが頭ごなしにダメが出たわけだが、あの時点で「ここの仕事受けません」て断っておくべきだったんだな、と反省している。

 

2ヶ月の休校がなければ年間の流れの調整をして年間35回弱のうち真夏の4回をエアコン部屋へ脱出調整するのも可能だっただろうが、そんなことが不可能な事は3月下旬によめていたことだ。

 

予測可能な事態だったのに逃げ道を断つような年間計画を立てて教材を決めた前任の正規職員を心底恨んでいる。

そもそもゴミためのように汚い部屋と準備室を引き渡してきた時点で本来しなくてよい仕事を大量に押し付けられたも同然で、結果病院に2回も通うハメにもなったわけだし。マジ恨む。

 

もちろん「年間計画印刷したから」って変更の提案を受け入れてくれなかった人物も心のそこがら恨んでいる。

 

そもそもその年間計画、発注した教材と全然違うこと書いちゃってるから!

前任の正規職員が大間違いの原稿提出してそのまま全体の冊子印刷してるから!

 

代わりにきた今年の準正規的な臨時任用の人もそのミスに気付いてなかったけどさ。

 

なんで間違ってる印刷物に縛られて灼熱地獄で1ヶ月働かなきゃいけねーんだよ、とムカつくわけである。

 

勤務中は終始灼熱地獄。

いくらスポーツドリンクを飲みながらやったっていつか倒れるしかなかろうって感じ。

 

職場でエアコンがないのはこの非常勤が利用してる部屋のみ。

これってパワハラ

いじめなんじゃない?

 

今すぐ職場放棄して逃亡しないと生命の危機。

熱中症で倒れなくても、疲労で免疫力落ちてコロナになって倒れるよ!って感じで鬱々としていた。

 

そんな地獄の事態を先週理解してくれた事務の方が(あとワシを採用面接に呼び寄せる起因になったベテランさんがプッシュして)スポットクーラーを2台入れてくれて、今朝設置された。

 

今日は先週以上に暑かったので多分2台があった意味は少しあったと思う。

 

何にもなかった先週よりは存在を見ただけでも気が休まった40人ずつやってくる人々のためにも2台が来てくれた意味はあろう。

 

だが、所詮小さな冷風機。

室内は温室のままなので3コマ続いたら熱帯。

とうとう頭が回らなくなってちょっとだけ業務に支障をきたした。

マジヤバイ。

 

13年前にもエアコンない部屋で働いたことがあったけど、その時は今の勤務地より少しだけ涼しい地域だったし、当時と今の日本の夏の暑さは違うんだなって感じ。

気温が上がりだす時間も早まってる。

 

黙って耐えてるとこりゃ気が狂うな、と思ったので、「あー暑い。もう全然無理です。でも内容変更のしようもないのでホントつらい!」と声に出しまくることにした。

 

ま、先週声に出してたからスポットクーラーが2台きたんだけど。

どうせ他の場所でも必要ってこともあって。

 

とにかくムカついた時は前にいた正規職員と教材変更を否定した管理職への恨みを声に出していこう、と思って実践している。

大丈夫。本人には聞こえないから。

あ、名前は呼んでません。。大丈夫です。

 

そーいや13年前のエアコンなしの職場は、暑さには耐えられたけど、他にたくさんおかしな所がある所で「でも仕方ない」って黙って全てを耐えてたら病気になったんだった。

治るのに4年半もかかった。

 

ムカつくヤツらのためにまたなんかの病気になってなるものか。コロナになってなるものか。

ガマンしないで「あー暑い!あームカつく!」って声に出していくぞ!って思って生きています。

 

ぬか漬けはおいしいです。

 

よし。

ムカついたから大好物のプライドポテトでも食べて元気だすぞ。

f:id:Strawberry-parfait:20200827200016j:image

夏休み

今年の夏休みは2週間。

最初1週間は概ね予定通り絵を描いたり。

後半は少しだけ職場でするのが大変な仕事をしようとしていたけど挫折。

なんか疲れた。

 

よく考えたら週に2日しか出勤はしてないんだから夏休み明けの出勤してない日にやってもよい。

 

急にぐわっと暑くなったし多少の用事があり外出などして疲れていたので仕事はあきらめて少しでも休むことにした。

が、なんだかんだ日々用事が。

 

夏休み最後の日曜はのんびりして体力ためよう、とか思ってたら「今年は忙し過ぎるし休みもいつも以上にとれなくてどこにも出かけてないから」とオットが言い出して車で軽く出かけることに。

 

f:id:Strawberry-parfait:20200817104712j:image

 

三崎へ行って海鮮丼を食べました。

 

うんまかったけど、駐車場も周辺もめちゃめちゃ暑かった。

「うらり」も混雑はしてないけど結構な人出。

頻繁にアルコール消毒をしてしまった。

 

このマスクに消毒生活、この先結構長そう。

いちいちストレスに感じてたらもたなさそう。

でもいっそ引きこもって生活していきたい気持ちも再燃。

 

多分職場で自分の教室にだけクーラーがないからもうこの暑さで行きたくないと心底思ってるからか。

 

たしかにy-hamaは前市長のせいで金はないが、管理職の判断で非常勤が使用してるココだけクーラー設置してねーんじゃねーの?と思う。

知らんけど。思うのもストレスなので考えないようににしなければなどとも思ったり。

 

帰り道、車のクーラーの効きが悪くなり更にへにょへにょに。

途中ホームセンターを発見して寄り道。

 

f:id:Strawberry-parfait:20200817105321j:image

無性に食べたくなったカキ氷を食べたら脳みそから冷えて頭も体もラクになった。

涼しいは正義。

 

明日からのクーラーなしの職場は地獄であることでしょう。

水筒を2つから3つに増やして出勤だ。

 

諸々酷い待遇の職場のせいで健康を害してなるものか〜という気持ち。

 

ホント人手不足でずっと募集かけてるのも当然だぜと思うのでした。

 

グループ展の搬入をした

週末、知人のギャラリーにグループ展の作品搬入をして陳列作業をした。

今年はそもそもやるかならないか結構話が煮詰まってすぐに結論もでなかったのだが結局例年より一週間押しでやることに。

 

いつもは展示に合わせて新作を描くのだけれど、今回急に直前の連休にぎっしり用事をいれたのと、日程的に6~7月に積み重ねた疲労がどっと出る事が予測されたので、5月頃に描いた絵とか

 

f:id:Strawberry-parfait:20200802170506j:plain

(この構図の猫、前にも描いてしまっている…)

 

2月頃描いたものに加筆したものとか、あと店主の提案で6月に上野の森美術館で展示されてた大賞展に入選した作品を展示することにした。

 

f:id:Strawberry-parfait:20200802170527j:plain

 

と言ってもF100(162x130cm)の絵を木枠に額付の重さで壁に欠けられる装備はそこのギャラリーには備わっていないし搬入も大変なので、仮額を外してキャンバスを木枠から剥がして画布だけで展示。

 

まあホントは新作も描いてみたんだけど気にくわなくて展示するのをやめた。

 

でも気にいらなくてどうしょうもなくてゲンナリしながら出したのが大賞展に入選したので自分の判断が信用ならなくてちょっとゲンナリしている。

 

なんてゲンナリしてないで素直に入選を喜んでウキウキしたらよいのにな、等と近頃思う。

 

f:id:Strawberry-parfait:20200730182206j:plain

これは搬入日の少し前に事前搬入に来たセンパイに合わせてギャラリーに顔を出した時の生ビールとピーナッツ。

 

外での飲食は極力控えているのだが、この知人の飲食店ギャラリーでだけ、用事がある時ついでに少し飲んだりしている。

今のところは混み合う事もないし大声で話す人が来るような店でもないので自分に許可しているのだけれど、家族は(立場上?)感染予防に非常に神経質になっているのでなんかこう…それなりに神経がすりへる。

 

いやもう、どう行動してても今はストレスを感じる状況なんだから基本どうしようもないと思うし、何だかんだ自分はそんなに「大変な状況」じゃない方だよな、って思うのだけれど。

 

まあとにかく、疲れるとすぐに熱を出したり喉の風邪をひくタチなので疲れを逃がすべく忙しさを睡眠や休息でどうにかしようとしている。

そんなわけで休む事にも忙しくていろんな事ができないなぁと思うけれどそもそも無駄に忙しくしすぎだったのでは?等とも思ってみたり。