読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゆうちょう。

美術展やら食べた物やら気の向くままにかいてます。

「気分をアゲるワザ」ワタクシ編。(HBPJ第4弾)

子どもの頃は、自宅の1階の店(ガソリンスタンド)からオロナミンCを持ってきて、湖池屋のポテトチップスのり塩をつまみつつ、マンガを読むと気分が浮上するシステムでした。

 

実は(今更の説明かもしれませんが)ものすごくよくお腹がへる体質だったので、常に空腹に苦しめられることに意識が囚われ、人生深く悩むタイプではなかったのです。

 

が、近年、老化と共にさすがに四六時中空腹に苦しむこともなくなり、やっと人並みに悩んだり落ち込んだりするようになりました。(おそい! 遅すぎるよ! はずかしいよ!)

 

で、こんなとき、どうしたらいいの?

どうしたら気分をアゲられるの?と思ってたので、HBPJのお題募集についつい提案してしまったという流れであります。つまり、私には「気分をアゲるワザ」がありませんでした。

 

何しても、「頭を悩ませている問題」が存在する限り、気分が沈みこんだままだったりして。

問題は他人も関わることが大半で自分だけで解決できるようなもんでもないんですが。

 

でもまあ、落ち込む原因がはっきりしているとき、私は紙を用意します。ペンを握ります。

悩んでること、落ち込むカラクリ、その他、ひたすら考えていることを書き出します。

なんかもう延々と書きます。

 

少し落ち着きますが、これでは別に気分は上がりません。

 

そんなわけで、皆様の「気分のアゲるワザ」を読みに徘徊して参りました。

皆様いろんな方法をお持ちです。

 

よし、これからは、「紙にイロイロ書き殴った後、皆様の方法をパクろう!」と思いました。

すみません。教えて下さった皆様、本当にありがとうございます。

 

今日から、そうします。

 

でも、一応、湖池屋のポテトチップスのり塩は自宅に切らさないようにしておこうと思います。

オロナミンCも買っておいた方がいいですかねぇ…。