読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゆうちょう。

美術展やら食べた物やら気の向くままにかいてます。

京都の旅。その1。

たび はな

その1、ですが、三日目について書きます。

(「じゆうちょう」なので自由なふるまいをお許し下さい。)

(冷静に考えると「その4」かも…)

 

だって、三日目はガクアジサイ友の会の会合(?)だったんですよう!

智積院集合で。

 

はてなをしてないのに、いつも会うたびに私から「はてなの皆様の話」を聞かされている京都大好き・Mちゃんは、ちゃんとこの会合にもよろこんで参加してくれました。

 

京都最終日なので大荷物をまずは駅に預けて…とか張り切り過ぎて、待ち合わせの30分前に着いてしまって、ちょっと智積院の周辺もうろうろ。

北門から入ってうろうろ。

f:id:Strawberry-parfait:20150713085853j:plain

 

でも、すぐにokkoさん(id:okko326)を遠目で発見いたしました。

okkoさんも30分前に来てた! びっくり!

okkoさんは昨年11月以来…ではなくて、前夜にMちゃんと三人で呑んで以来(笑)

 

そして、こみちさん(id:kazenokomichi)さん登場。

昨年6月以来…ではなくて前日にMちゃんと三人でランチをして以来(笑)

 

やがて遠くから何だか王子様のような歩き方(どんなだ?)の男性がやってきました。そうなのでござる。

ryoさん(id:ochi_cochi)についに会っちゃったのであります。

 

が、実は元来は「クラス一無口なタチ」のワタクシは、「初めて会った日」だったので全然うまくしゃべれませんでした。がーん。

 

でも、こみちさんやokkoさんと会った時もそうだったので、ちょっと覚悟はしていました。なんか嬉しくて地に足がついてない感じになっちゃうんですよねぇ…。酒が入る前からぼーっとしてる感じっちゅーか。

 

ryoさん、次はもっとスムーズにしゃべるから!

 

 

えーと。まずは智積院入口にある御朱印帳受付にryoさん以外の四人が御朱印帳を預けて、宝物のある収蔵庫へ。

 

長谷川等伯の国宝障壁画、みちゃいました。

息子や弟子が担当したのもありましたが…やっぱりなんだか等伯のは、一段とスゴイような気がしたのは…気のせい? 思い込み? 

いやでも、やっぱり構図がカッコよすぎるし描き込みの粗密のバランスもすごくよいような気が…気のせい? ま、いいか。

 

名勝庭園も講堂内部も堪能。

等伯のレプリカは、たった今本物みてきちゃったせいか、そのちゃちさに衝撃…という感じでしたが、近年奉納された襖絵とかモロモロ素敵でした。

 

そして更に奥へ。

普通のアジサイ(ホンアジサイっていうの?)がすんごくたくさん咲いていましたが、全部「もう終わりですけどね~」という気配でございました。

でも、あまりにもたくさんあって…実はあんなにたくさんのホンアジサイをみたことはなかったので「おおおおおおおーっ」とビビりました。

 

ほんでもってですね、

 

f:id:Strawberry-parfait:20150713110203j:plain

ちょびっとだけですが、ちゃんとガクアジサイもいましたよ!

えーん。よかった。うれしいぞ。

 

f:id:Strawberry-parfait:20150713110020j:plain

うつむいているコもいましたけど、これはこれで綺麗な気も。

 

f:id:Strawberry-parfait:20150713110224j:plain

うつむいてるコを仰ぎみてみたり。

 

f:id:Strawberry-parfait:20150713093647j:plain

元気なコもいました。

 

ガクアジサイ友の会の皆様はどんなふうに撮ったんだろう…と気になりまくっています。

 

あと、

f:id:Strawberry-parfait:20150713104918j:plain

こんなんも。綺麗でした。

 

f:id:Strawberry-parfait:20150713110638j:plain

初めて百日紅を近くでみました。

映画をみたのにアニメや杉浦日名子のマンガを思い出す前についつい横溝正史の「百日紅の下にて」を思い出してしまう、金田一ファンすぎる己であります。

こんなに美しく華やかな色の下で、あの事件の真相が語られたのね~そっか~みたいな。

 

 

 

なんか中途半端ですが、三日目のその1、終了。

つづきます。