じゆうちょう。

美術展やら食べた物やら気の向くままにかいてます。

今日の日記。

(なんじゃ、このタイトル…)

 

昨日は(←しかも書き出しは「昨日」!!)okkoさん(id:okko326)とティム・バートン展行っちゃったりして、御一緒にモヒートも飲んじゃったりして、お話しもできて、そら~もう有頂天でした。

(「うちょうてん」って打ったら最初に「有頂天家族」と出てきて少しビックリにっこり。)

 

okkoさん、ありがとうございました~。(深々とおじぎ)

 

で、この詳細については、またそのうちブログに書くかもでございます。

 

で、まあ、来週始まる絵のグループ展の絵がですね、大体仕上がっているけれど、今日は最後にちょっと手を入れて完成させるぞ!とか思ってたのでその作業をして、「ああ、無事終わった」とか思っていたら、夜、思わぬトラブルのお知らせがそのグループ展関連で来ました。

 

いやでも今年は準備の中心となる役を他の人に交代してもらったので、その人からの連絡だったのだけれど…だから一応、自分は意見を言って、できる範囲の事をして中心役の人に「トラブル」の処理をお願いしたのですが。

 

いや~、やっぱり順調にはいかないものなのね…と思った日でございました。

 

去年も一昨年も、自分が中心となって準備をしていて「うんとぐったりしたトラブル」は各年大きなのが2件あって、その2件はどっちの年も二人の同じ人物の件なのだけれど、今年のトラブルは、過去トラブっていた二人のうちの一人だったので、あと一つ、今年トラブルがあるとしたらやっぱりもう一人の人発信なのか?と覚悟が出来始めてきました。

 

実はこのトラブル好き(?)な二人が参加するまではこのグループ展大したトラブルは起きたことがなくて非常にお気楽な会でした。

いや、今も気はつかわないのでお気楽ではあるのだけれど…。

 

トラブる人ってやっぱり決まっているのかしら…。

普通によい人だと思っておるのだけれど。

ワシに人を見る目がもう一つないのかしら…と少し思わなくもないのでした。

 

あ、いや、その…別にトラブる人とキョリをおこう、とかいうわけではなくて、でも事前に「この人はトラブっちゃう人だな」とか予感があると、前もってちょっとでも手が打てたら自分が少しラクになるかも…とかいう事なんですが。

 

んー、でも「この人心配だな」とかって目で人を見るのも何だかな…とも思うので、やっぱり今の感じでいるんでいいのか。

 

しかし、去年までの「準備の中心の役」だったら、今頃きっとこのトラブルの内容について「うげーっ(なんだよ、幼稚なその言い分!)」ってげんなりした気分になっていたような気がするのですが、今年は他の人が「役」を代わってくれたので、どうにか気持ちがもちこたえられて本当にありがたいと思いました。

 

そして、昨日は幸せだったな~という「思い返せばニヤニヤできる幸福な思い出」がまた私の心を強くしてくれているのかも…かも…と思います。

 

有栖川さんのサイン本もまだ最後まで読んでなくてお楽しみがとってあるわけだし。

 

シアワセを握りしめて思わぬ事態にもイチイチ動揺しない…これだ!

と、よくわからないけども思いましたのでございます。

f:id:Strawberry-parfait:20141102121735j:plain

↑ あまり関連ありませんが、「前向きにがんばるぞ!」という気持ちにしっくりきた先日のイングリッシュガーデンからの写真でございます。