読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゆうちょう。

美術展やら食べた物やら気の向くままにかいてます。

京都の旅。その2。

三日目のつづきです。

 

智積院を出る前に、okkoさん(id:okko326)、こみちさん(id:kazenokomichi)、我が友人Mちゃんとワシは、朝一でお預けした御朱印帳をウキウキと受け取りました。

楽しみすぎてすぐにどんな御朱印なのか眺めるべく中を開くワシ。

急に吹いてきた大突風。

 

びろびろびろ~。

 

っと、御朱印帳が一反木綿のように広がっていきました。

かろうじて表紙をにぎっているものの、裏表紙(?)は遠くまで離れて行って宙に浮いたままどうにもならないびろびろさ。

 

みかねた(?)ryoさん(id:ochi_cochi)が裏表紙をつかんで持ってきて下さいました。

ほら、ちょっと王子っぽいでしょ?(ちょっとちがう…。)

 

f:id:Strawberry-parfait:20150713094623j:plain

こんな風でござんした。

 

 

「一駅だけ乗りますか?」「バス乗りますか?」「ryoさんちゃんと寝てきましたか?」「いや、ryoさん、4時ごろスターつけてましたよね」「何時間寝たんですか?「歩けますか?」

押し問答の末、一駅ちょっと炎天下の鴨川沿いをお散歩することに。

 

f:id:Strawberry-parfait:20150713120240j:plain

すきま草ごっこ。うまくいかない…。

okkoさんがryoさんごっこ的に撮っていたのでマネしました。(マネのマネ?)

 

f:id:Strawberry-parfait:20150713120659j:plain

ワシにしては近くで撮れた鳥さん。

撮りながら「きっとこみちさんのカメラの方がぐんとズームでよく撮れているはず…」と思ってみたり…。

 

基本、鳥さんに夢中になりまくりのお散歩となり、後方から「後ろから自転車が来ま~す」というryoさんのお声に何度も助けられながら無事目的地へ着きました。

おお、やはり王子っぽ…。(?)(警備員? あ、うそです。ありがとう、ryoさんっ)

 

目的地はホテルの中のレストランでございます。

f:id:Strawberry-parfait:20150713122942j:plain

どっひゃー。東山一望。

左手に如意ケ岳も眺めて「おお、有頂天家族♪」と喜ぶワシ。

 

f:id:Strawberry-parfait:20150713123612j:plain

みんなでビールで乾杯しちゃったよ♪ 

ふだんはあまりお酒を召し上がらない、こみちさんが二日続けてランチにビールをお口に運ぶのを目撃しちゃいましたよ♪

 

ガクアジサイ友の会の皆さまとお会いできて、ガクアジサイをみんなで撮って、鴨川沿いを歩いて、京都の景観を楽しみつつのビール。美味しさ100万倍だ!

 

さあ、たべるぞ!

ばばん。

f:id:Strawberry-parfait:20150713123052j:plain

えーっ。この部分がバイキング? そうでござる。

 

ココはね、okkoさんが大好きだったレストランのシェフの方が現在勤めていらっしゃるところだとか。そう、きっと美味しい…と思って京都に行く前からわくわくしていたのでありますが、まさかの12品!

もちろん全部美味しかったですよう。

 

f:id:Strawberry-parfait:20150713123502j:plain

えーっと、ジャガイモとなんだっけ?枝豆?のスープ?

みてわかるとおり美味しゅうござりました。

 

さて、ここで思わぬサービスが。

okkoさんパワーによりシェフからのサービスですよ!

f:id:Strawberry-parfait:20150713125458j:plain

生ハムと桃と(なんちゃら)チーズ。

 

ぐは~。うまいっ。うまいよう…okkoさん…。脳みそに染み入るうまさだよう。

(私はめちゃめちゃ美味しいものを食べた時に脳みその耳の上あたりに「美味しい成分」がじわじわ染み入っていくのを感じてしまいます。)

なのにokkoさんは「桃」がダメ…。しくしく…。

 

okkoさんの美味しい分はryoさんがいただきました。私があまりにも「美味しい!」を連呼していたので、ryoさんはゆずってくれようとしたのですが(王子…)、秋に久々に舞台で踊る決意をした私は勇気を出して(?)ご遠慮申し上げました。

 

で、パスタをですね、5種類の中から選べるのですがokkoさんは行く前から「カルボナーラが楽しみ」って言ってたんですよ(固定メニューにはないけど、あれば召し上がりたいと)。

カルボナーラ、ワシも大好き。しかもokkoさん押し。

だがしかし、他のもすっごく美味しそう。

深く悩みました。

 

カルボナーラは一口あげるから」

というokkoさんから天使のささやきが。

 

かくして私はどうしても気になっていた1個目に書いてあったパスタを頼みました(もう名前を忘れている。聞いたことのない名前だった。とにかくポルチーニ茸が入っていたのは間違いない。)

 

タリアテッレ サルシッチャとポルチーニ茸のカチョエペペ ですって。okkoさんが教えて下さいました!

 

これです。

f:id:Strawberry-parfait:20150713130752j:plain

どうです!(なぜ私が自慢げ? すみません…okkoさん…)

んもーーーーすんごく美味しかったんですから~。

もう、これ、3倍くらい食べれる…。(そんな食べちゃダメだ。)

 

勇気を出して、コレをオーダーした己の才能に感謝いたしました。(自画自賛。そもそも勇気が出たのは「一口カルボナーラをくれる」と言って下さったokkoさんのおかげ…。)

 

ちなみにokkoさんがくれたカルボナーラもMちゃんがくれたヤツ(また細かいことを忘れている…。あさりとかしらすとか乗ってた?)も、食べたことないすんばらしい美味しさでした。

 

え?こみちさんとryoさんのパスタは?

お二人は手堅く(?)okkoさんと同じカルボナーラを召し上がってらっしゃいましたよ。

って、「手堅く」というのは私の思い込みで、この日、ryoさんはメガネがなくてメニューが読めなくてokkoさんと同じいしたそうでござる…。

 

あ、デザートもいただきました。

f:id:Strawberry-parfait:20150713133349j:plain

美味しかったのですが、「元・甘い物が苦手派」の私には「甘さ度」がちょっと強く、チョコレートのヤツが食べきれませんでした。ざんねん~。

 

あー食べ物について書きだしたら恐ろしく長くなってしまったので(ほんと、長々すみません…)、三日目、もうちょっとつづきます。

でもryoさんは御用事があったので、このランチの後お別れでござりました。