じゆうちょう。

美術展やら食べた物やら気の向くままにかいてます。

美術展

クールな男とおしゃれな女ー絵の中のよそおいー展(山種美術館)

こんなステキなのをやっていますよ情報をokkoさん(id:okko326)よりいただきまして行ってきちゃいました。いつもありがとうございます。okkoさんっ。(おじぎ) ホントは、着物で行くと割引です。いや、もう長らく着物を着てない上に美術館や画廊をハシゴ予…

アンディ・ウォーホル展:永遠の15分(森美術館)

全然行くつもりではなかったくせに、終了直前、すべりこみで行って参りました。 終了間際の平日だけどGWということで覚悟していた通りに混んでました。 でも、「全然みれないよう!」というほどでもなく。 (あ、今日も失礼な発言が混じってしまいそうです。…

黒部と槍 冠松次郎と穂刈三寿雄 展(東京都写真美術館)(訂正しました)

もう終わっちゃったんですが、会期最終週に山登り女子の友人Mちゃんのお誘いでみてきました。 会期末間近でGW中なのに、そんなには混み合っていませんでした。 いや、写真展にしては混んでいたのかも…。最近ゲキ混みの美術展のイメージが強くて、比較がおか…

バルテュス展(東京都美術館)

今回いつも以上に正直にぶっちゃけています。 腹立たしく思った方、怒りをコメント欄に書くなどという無駄な時間を過ごすことなく、すぐにこのページを閉じて下さい。 4月下旬、美術展が始まってわりとすぐの平日に行ってきました。 そんな状況下のわりに思…

パート2。

今月上旬、okkoさん(id:okko326)に教えていただいて行ってきた「栄西と建仁寺展」(東京国立博物館)、なんと後期にも行ってきた。あはは。そんなわけでパート2です。 友達のMちゃんに「すごくよかったんだよ~。あーでこーで(略)。たださ~若冲の作品…

再発見 歌麿 「深川の雪」(岡田美術館)

うおー。みてきちゃいました。箱根の小涌谷まで行ってきました。 って、友達が「車出すから行きましょ。テレビでやってたし、どんどん混むようになるかも。まだ箱根は桜も咲いてるかも」とかナイスなことを言って下さったので乗っけてもらって行きました。 …

栄西と建仁寺展(東京国立博物館 平成館)

行ってきちゃいました。 東京縦断してサイタマまで友達の絵を見に友達と行くけど、途中、東京でなんかやってないかな~って思ってたんです。 そしたら、okkoさん(id:okko326)が丁度、『どなたかトーハクへ行っていただけないでしょうか?』って文章で始ま…

ターナー展(神戸市立博物館)

ターナー展、東京都美術館でやっていたんですが、「あ~絶対ゲキ混みなんだろうな~。ターナーかぁ…昔もみたよなぁ…どうしよっかなぁ」とかグダグダ思ってたら終わっていました。 はてな界隈をふらふらしていたら、神戸のターナー展に行った方の感想が。 あ…

日本美術院再興100年 世紀の日本画 展 前期 (東京都美術館)

友達に「どうしてもみておきたいの。行かない?」って誘われて、ノーマークでしたが前期終了間際にすべりこんで行ってきました。 一緒によく旅行にいく中学からの友人Mちゃんが、そうまで言う絵はどんなの?と気になっちゃって。 チラシから、部分ですが、こ…

葛飾応為 吉原格子先之図 光と影の美 展(太田記念美術館)

だまされたー。なんと、応為の絵、展覧会タイトルにある「吉原格子先之図」1点しかなかったー。がーん。 いや、まあ、これを新聞でみて実物みたいな、って思って寄ったんですけどね。 まさか、これしかないとはね。 新聞にのってた他の絵は、参考として写真…

木島桜谷ー京都日本画の俊英ー展(泉屋博古分館)

このしまおうこく、と読みます。昨年まで名前を把握していませんでした。 自分の無知が悲しいような、新たに好きな絵描きさんをみつけたようでうれしいような…という感じで、去年「夏目漱石の美術世界展」で初めて、この人の「寒月」という作品をみて名前を…

国風盆栽展 前期(東京都美術館)

カテゴリを「美術展」にしていいのか正直よくわからないのですが、東京都美術館でやっていたのでとりあえずそうしてみました。 以前より三浦しをんさんのエッセイを読んだり、知ってる高齢の画家の方となぜか銀座の盆栽屋さん(?)に立ち寄ったりすることが…

川瀬巴水展-郷愁の日本風景(千葉市美術館)

川瀬巴水さんの作品を初めてみたのは、2012年末頃、横浜美術館でやっていた「はじまりは国芳展」でした。( http://strawberry-parfait.hatenadiary.jp/entry/2012/12/26/152445 ) すごく気に入って画集ほしい!と興奮して、ミュージアムショップにあった画集…

クリスチャン・ボヌフォワ展(メゾンエルメスフォーラム)

どっかでちらっと宣伝をみて、なんとなく好きかも…と思い、銀座についでもあったのでふらふらと寄ってきました。 お気軽に寄れるのが無料のギャラリーのよいところです。特にココだいすき。 あ…ただ、入口でエルメスのお客様のためにドアを開けてくれるにい…

古径と土牛展(山種美術館)

思わぬところで割引チケットをゲットしたので行って参りました。 美術展の割引チケットの宝庫・新宿小田急百貨店の先に並んでいるチケット屋の前を通りがかったのでちらっと覗いたら、期間が限られているチケットが安売られていたのでござります。 奥村土牛…

ジョセフ・クーデルカ展(東京国立近代美術館)

「誰それ?」と思いつつ行って参りました。(←カイユボット展でも思ってた…。) “今日世界で最も注目される写真家の1人です。”ってチラシに書いてありました。 チェコの人ですがイギリス、フランス、亡命してからはヨーロッパ各地でいろいろな作品を撮ってま…

京都 洛中洛外図と障壁画の美 展(東京国立博物館平成館)

久々に上野公園に突入です。 はてなの中で見る皆さまが披露して下さっている素敵な紅葉写真以外でやっとそれらしい景色をみました。真っ赤までいっていませんでしたが…。↓ さらに奥へ進むと黄色いのも。↓ ああ…やっと秋をみた気になりました。 午前中、カイ…

生誕一00年!植田正治のつくりかた展(東京ステーションギャラリー)

さて東京駅丸の内北口から直結しているコチラですが、その前には駅の反対側…八重洲口方面にあるブリヂストン美術館で「カイユボット展」をみてからの流れで参りました。 カイユボット展では、「パッと見にはいい感じ、よくみると細部に宿るちょっとした違和…

カイユボット展(ブリヂストン美術館)

展覧会名の頭に、「都市の印象派、日本初の回顧展」とついてました。 そうそう、「カイユボット?しらねー。でも、印象派に参加してた画家の名前全部しってるわけじゃないしなー」とか新聞の宣伝記事をみながら、チラシに使われていた≪ヨーロッパ橋≫をみて、…

知られざるミュシャ展(そごう美術館)

通りすがりにふらふらと立ち寄ってしまいました。 そごうのカードを持っていると入場無料になる券が送られてきちゃったりしてるのも影響してるのかもしれません。 いや、でもそれだけではなくて…。 いつだったか初めてミュシャの絵をみたとき(多分中学生の…

カラーハンティング展 色からはじめるデザイン(21_21 DESIGN SIGHT)

すぐ近くで用事があったのでなんとなく行ってきました。 友達と用事の前になんかみに行こうか…みたいな話になったので。じゃ、近いから…みたいな。 あ、もうすぐ終わりですね。 カラーハンティングというのは…藤原大さんがうみだしたデザイン手法なんだそう…

ヴァンジと女性像展(ヴァンジ彫刻庭園美術館)

クレマチスの丘のクレマチスガーデン・エリアにあるこちらにも行ってまいりました。 ↓ 右手奥にあるのが、美術館の建物ですが、周辺にも作品が点在しております。 (あ、右手の日傘をさして歩いているのは、ふつうに鑑賞している人間のお客さんです。) ジュ…

ふたたびの出会い コレクション展(IZU PHOTO MUSEUM)

しつこく、クレマチスの丘のネタです。 敷地内にある IZU PHOTO MUSEUM にも行ってまいりました。 入口です。↓ ↑ こういう白っぽい建物に明るい緑が絡んでいる様子がたいへんすきでございます。 中はそんなに広すぎず、作品の量も多すぎず、みやすかったです…

現代の眼で見るビュフェ展(ベルナール・ビュフェ美術館)

クレマチスの丘(静岡県)にあるビュフェ美術館に行ってまいりました。 以前より行きたくて仕方がなく…しかも天気のよいときに行きたいという希望があり…「曇りのち晴れ」とか聞いて「どーしよ~」とか思いながら、イチかバチかで行ってみました。 結構晴れ…

プーシキン美術館展 フランス絵画300年(横浜美術館)

「有名な海外の美術館」「フランス絵画○○○年」とか、ちょっとうがった目でみてしまう、心のすさんだワタクシです。ほんとにすごくイイやつ、きてる?って、悪い目つきでチラシをみてしまいます。 だって、もう学割でなくなって久しいし年寄り割引までは遠い…

伊藤若冲の名品展(相国寺承天閣美術館)

補足に書かれていた「〔重要文化財〕鹿苑寺(金閣寺)大書院旧障壁画五十面全展示」という文字に吸い寄せられまして… 行きたい行きたい…ものすごく行きたい…と思いまして、 「お墓参りに行きたいんだ~」という家族の声に反応し、「じゃ、その前に京都寄ろう…

エミール・クラウスとベルギー印象派展(東京ステーションギャラリー)

エミール・クラウスさん?誰それ?しりません、と思いつつ、新聞広告でカラーでみて「どうしよっかな~」と思いつつ、7月半ばの終わり間際に行って参りました。 大体、「一人の画家の名前となんちゃら派展」は当たり外れにドキドキしちゃうっていうね。 今、…

夏目漱石の美術世界展(東京藝術大学美術館)

id:kabakabatamanegi さんの記事をみて、行きたくなって行ってきちゃいました。6月に。 漱石さんの作品の表紙やら挿絵やら、漱石さんが評した美術作品やらが並ぶ中、小説「虞美人草」の中に出てくる虞美人草を描いた屏風(←実在はしない)を藝大の先生がこ…

ウルの牡山羊 シガリット・ランダウ展(メゾンエルメス8階フォーラム)

美術における言葉について、ちょっと(結構ぐだぐだ)考えちゃいました。 イスラエルを代表する女流作家の日本初個展だそうです。 以前、横浜ビエンナーレ(2011年)にこの作家のビデオ作品(「DeadSee」)をみて印象に残っていたので行ってみました。 …

ベストセレクション美術2013展(東京都美術館)

うーん。 案内をいただき、チラシにあったリトグラフ(版画)の作品が、ちょっといいな、と思ったので行ってきました。で、その作品はよかったです。 うーん。 えーと、国内の主要な美術公募団体(一般的に、「二科展」とか「日展」とかなら知られているでし…

アントニオ・ロペス展(Bnkamura ザ・ミュージアム)

「スペインでは有名な画家なんですよ。映画になったので観ておきなさい」と、大昔に大学の絵画の教授に言われて、大昔「マルメロの陽光」という映画を観ました。 映画制作から21年…あわわわわわ。 やっと日本で、アントニオ・ロペス展です。 そら、観に行…

スヌーピー×日本の匠展(松屋銀座8階イベントスクエア)

先週末に行ったのですが、混み混みでした。 が、立体作品も多く、混んでいるわりに一つ一つの作品は見やすくてありがたかったです。 当初、さまざまな日本の伝統工芸作家とのコラボ…と聞く限り、それほど興味はなかったのですが… テレビで紹介されていた「着…

パラの模型/ぼくらの空中楼閣/パラモデル展(メゾンエルメス8階フォーラム)

立方体好きなので行ってみました。 (ちなみにもちろん、ジャングルジムが好きです。) 期待通りにたくさんの立方体にうめつくされた大きな空間がありました。 が、それほどウットリとはしませんでした。 立方体同士が同じ方向性に整然と接続しているせいで…

山口晃展 ~付り澱エンナーレ 老若男女ご覧あれ~展(そごう美術館)

昨年秋にも京都の伊勢丹で山口さんのをみたんですが、前半は作品もちょっとかぶっていて、テイストも似たような感じ…かと思いきや、中盤、みたことのないノリの作品群が並んでいました。 ソコが「付り澱エンナーレ」と称されているところです。 主に描く仕事…

デザインあ展(21_21 DESIGN SIGHT)

花見ついでに先週末行ってきました。 「土日は混んでいる」とどっかで読んだのですが、一緒に花見をしていた友達3人に「そのうち行くつもり」と言ったら「行きたい!行きたい!」という御意見だったので、待つのを覚悟で午後3時前頃に行きました。 撮った…

フランシス・ベーコン展(東京国立近代美術館)

始まってすぐに行ったのですが、思いの外、混んでいました。 「なめてたよ、ごめん!」とチケット売り場の列で思いました。 だってこんな気持ち悪い絵、そんなに観にくる人いると思わなかったんだもの。 って、来ているオマエはどーなんじゃ?って話です。 …

DIC川村記念美術館

先月末、千葉県佐倉にある川村記念美術館に行ってきました。 企画展の狭間の時期でコレクションを展示していました。 この美術館には何度か行ったことがあるのですが、友人が「行ったことなくて行きたい」とメールをよこしたので「最近行ってないし、企画展…

森と湖の国 フィンランド・デザイン展(サントリー美術館)

タイトルを聞いて食いついて、ガラス作品と聞いてひるんでいる間に終了間際となり慌てて行ってきました。 いやーーーーー、よかったです! なんか、やっとガラスのよさがわかりましたよ!という感じです。 今までわかってなくてすみませんでした。という気持…

はじまりは 国芳 江戸スピリットのゆくえ 展(後期) (横浜美術館)

国芳以外の作品に関して、前期よりも後期の方が見ごたえのあるものがやや多かったような印象。 特に鏑木清方の「妖魚」。よい。 図録に載っているサイズについて「もっと大きくするべきでは?」とひっかかったくらい。 この目つき。鏑木清方の巧さ全開。 あ…

はじまりは 国芳 江戸スピリットのゆくえ 展(前期) (横浜美術館)

近年、めっきり国芳ファンなので、「国芳以外も多いんだろーなー」という覚悟の元にちょっと前に行ってきました。 まあ予感どおりだったので、大丈夫。(なにが?) 予想外に国芳の大きなサイズの作品もみれて満足。 そして大きいのも予想通り、上手いっ。 …

山口晃 展(美術館「えき」KYOTO)

やっぱり「洛中洛外図」的なシリーズがたのしい。 オヤジギャグ連発、みたいな人間を特に好ましく思ったりはしない方だが、「本能寺」と「本の牛」とか、いちいちイイ。 個人的に電柱に萌えは強く感じないという事情もあり、エルメスでやってた個展より相当…

最後の文人 会津八一の世界 展(相国寺 承天閣美術館)

「若冲の絵もあるみたいだよ」 どしゃぶりの天気予報をみた私に友人が言った。 「相国寺は同志社大の隣だよ」 おお、有栖川有栖せんせーの学生シリーズの舞台ではないか。 「行く!!」 何やら学際っぽい雰囲気の大学の横を傘をさして友人とガツガツ歩く。 …

シャルダン展ー静寂の巨匠(三菱一号館美術館)

通っていた中学校の廊下や階段の踊り場に飾られたたくさんのレプリカの一枚がシャルダンの「食前の祈り」だったせいで、ふらふらと行ってしまった。 中学時代、この絵を好きな同級生は多かった。 多分素直に綺麗で「上手だな~」って感じの絵だからか? 当時…

琳派芸術Ⅱ(出光美術館)

チラシをみて「お、みたいぞ」と思う勘、あたるなあ! すばらしいな、自分の直感! と自画自賛。 酒井抱一が以前から好きだった。 「なにかと自分にとって好ましいかわいさ」を醸しだしているから、というのがその理由だと思っていた。 だが、どうもそれだけ…

美術にぶるっ!ベストセレクション日本近代美術の100年(東京国立近代美術館)

ココの美術館が持ってるお宝的作品を、1~4階まで並べてるんだろうなー、こりゃ、いつもの企画展と常設展をみるときよりも時間かかるんだろうなーという覚悟で行ったらそのとおりだった。 ここの常設もものすごく何度もみているが、それでも「おー、こんな…

ホームアゲインーJapanを体験した10人のアーティスト 展(原美術館)

品川駅で用事があったので、ちょっと寄ってみた。 この、“ちょっと思いついてやってみる”のって、わりとイイ事が多いのね…と思った次第。 おもしろかった~。 もう、帰ってすぐに絵を描きたい。 いや、品川駅で用事があるからすぐに帰れないわけでしたが。

山口藍・PIP&POP 展(スパイラルガーデン)

最近はこういう「かわいい」のも、それはそれでいいかな、と思う。 日本っぽいなとも思ったり。 でも、どうも砂糖菓子の甘さを想像して、やっぱり苦手な感じがする。 自分の本質とはくっきりと世界が違うような感じ。 やっぱすきなのは湖池屋のり塩とか 炙…

クラウド・シティ トマス・サラセーノ展(メゾンエルメス8階フォーラム)

クラウド・シティは作者が創造する空中に浮かぶ居住可能な空中都市らしい。 明るい未来のイメージ。 真っ先にドラえもんに描かれた未来をビジュアルとして思い浮かべちゃったよう…。 さらに、気球の中に入っていくための狭い入口を通る時に手足をついて小さ…

日本橋展(江戸東京博物館)

幼少期から「家族でお出かけする先」としての定番イメージ=「日本橋」、だったせいで、ついついお出かけしてしまった。 現在のも江戸時代のもデザイン的に好きだ。絵に描きたくなる。 ので、高速道路、どかしてほしい。 いろんな人が描いた日本橋の絵をみて…

福田平八郎と日本画モダン 展《前期》 (山種美術館)

やっぱ、あの「牡丹」とか細密で巧い絵が描ける人が描くから「漣」も具象から発しての見事な抽象化表現だってことが、プロ以外にも分かりやすく納得できていいのかな? いいのか? そこ、そんな重要じゃないだろう。 そんな邪なことばっか考えてる己がダメじ…